ひととなりのジャケット写真

歌詞

立ち枯れ

ひととなり

もし例えば僕が生物だったなら

これは突然変異ってことにでもなるのかな

精密を極めてしまえば原理は同じ

早かれ遅かれこうなる事は分かってた

漏れるため息はビープ音

エラーなんて知っている

振り解け 通知を切って

歩き続けた道の先に

何がある訳じゃないけど

生きていた誰かの面影をこの身に被って

僕は何処に行けば良いのかな

望んでない 望まれてない 命 ひとつ

そら見た事かとTVコメンテイター

まるで知った顔してこれでもかとバッシング

懸賞金だ 日本中が敵の鬼ごっこ

逃げる僕は何にも悪い事してないのに

雨が降る夕闇の中

遠く雷鳴が響く

神様の零す涙

滴る鉄の体は

まるで人間みたい

圧し掛かるような黒い空と

強くなる雨音に

この世に歓迎されていない事を知ってしまった

僕は鈍色の目で泣いている

立ち枯れる嗚咽が木霊する

雨が降る夕闇の中 田舎道

遠く雷鳴が響く 稲光

神様の零す涙 土砂降りの

滴る鉄の体は 人のよう

  • 作曲

    クマ

  • 作詞

    幸福86號

ひととなりのジャケット写真

ひととなり の“立ち枯れ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

ひととなり
1st full Album
「ひととなり」

"