drinkのジャケット写真

歌詞

真似事 (feat. 初音ミク)

リト

ねえ明日には

雪も溶けてるかな?

もう何もかも

終わりにしたくて

この冬決めたんだ

最後になる夏を

いつも思い出すのは

逃げ出した日だ

何もない僕

誰かの真似事はもう

終わりにしよう

過ぎてく日々を書き連ねていた

それでも心の中はまだ

満たされず抜け殻のまま

誰かみたいによくできた物語(はなし)は

僕には書けるわけがないな

何もかもくだらない

真似事だから

ねえ目に見える

物だけが全てじゃない

そんな事気づいてるから

嫌いな物が増えていく

それでもまだ確かに

覚えてるのは夏の匂い

知らない僕

気まぐれのように

書く歌

同じような

落ちてく日々を拾い集めても

変わらず残り続けるのは

色褪せた思い出だから

いつもと同じ景色の中にも

確かな違いがあるから

そんな日は気づけないまま

生きてきた

偽りのない僕の全てを

これから歌にするよ

過ぎてく日々を書き連ねていた

それでも心の中はまだ

満たされず抜け殻のまま

誰かみたいによくできた物語(はなし)は

僕には書けるわけがないな

何もかもくだらない

真似事だから

  • 作詞

    リト

  • 作曲

    リト

drinkのジャケット写真

リト の“真似事 (feat. 初音ミク)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

"