トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

『光の雨』- 都市のアンダーグラウンドを彩る、ポストモダンなオデッセイ

東京の夜を舞台に展開される『光の雨』は、ヒップホップのリリシズムとポストモダンなエッセンスが融合した楽曲である。この作品は、都市の喧騒と孤独を緻密なテクスチャーで描き出し、聴く者を東京のアンダーグラウンドへと誘う。

楽曲の構造は、非線形的な時間軸と断片化されたナラティブが交錯する。セレブと娼婦の共存、キャロットタワーで過ごす老人、ネットサーフィンに没頭する若者など、都市の多様な断片は、フーコーの「ヘテロトピア」の概念を想起させる。都市の空間は、異質な場所が共存し、社会の秩序や規範から逸脱した「他の場所」を形成している。

ラップパートでは、意思を持たずに生きる人々や、もっと先を見たいという願望が表現される。これらは、ラカンの「欲望の対象」としての都市を暗示しており、都市生活における欲望の不在と、その欲望を埋めるための永遠の探求を示している。

『光の雨』は、バウドリヤールの「シミュラークル」の概念を音楽に昇華させた作品である。都市のリアリティは、模倣と再現によって構築され、本質や原型から遠ざかっている。楽曲は、このシミュラークルの中で生きる人々の心象風景を、メタファーとアレゴリーを駆使して描き出す。

総じて、『光の雨』は、都市のアンダーグラウンドを彩るポストモダンなオデッセイであり、聴く者に深い印象を残す作品である。この楽曲は、都市生活の複雑さと多様性を、非線形的なナラティブとポストモダンなエッセンスで表現している。そして、最終的には、ポケモン的思想に辿り着く。それは、多様な存在が共存し、互いに影響を与え合う世界のビジョンであり、都市のアンダーグラウンドから生まれる新たな可能性を示唆している。

アーティスト情報

  • Naru Kurokawa

    東京出身で現在は沖縄とインターネットの広がりの中で活動する音楽家、Naru Kurokawa。彼の音楽は、エレクトロニカ、チルアウト、アコースティック、オルタナティブポップ、インディーポップのジャンルを横断し、多彩な音の風景を描き出しています。音楽への道を切り開いたのは、「タイマーズ」と「たま」への憧れと、久石譲のピアノ曲との出会いでした。最近は、韓国のシティーポップやスウェーデンのカーディガンズ、ピクシーズ、ピーター・ビヨーン・アンド・ジョンから影響を受けており、20代でレッドホットチリペッパーズ、グリーンデイ、ウィーザー、ニルヴァーナ、そして国内ではサカナクションに強い衝撃を受けました。2000年代には、バンド「アッサジ」のギターボーカルとして活動していました。 アコースティックと電子音楽に傾倒し、アンビエントやエレクトロニカに耳を傾ける彼の音楽には、フォーク、ロック、ヒップホップの要素が織り交ぜられています。懐かしさを感じさせる日本のメロディと、哲学的なテーマや現代の空虚さ、内面的な問題を扱う彼の楽曲は、聴く者に深い共感を呼び起こします。 2015年にはNulliro名義でEP「Helloworld」をリリースし、ソロアーティストとしての道を歩み始めました。続く2021年の「イメージ」と2022年の「視界」は、JALのJTA機内ミュージックに選ばれるなど、その実力が認められています。 2024年にはさらなる新曲のリリースを予定しており、音楽としての探求を続けています。彼の作品は、様々な影響を受けたサウンドスケープと introspectiveな歌詞を織り交ぜたもので、聴く者を現代人の感情の複雑さと日常生活の微妙なニュアンスを通じて旅へと誘います。 Naru Kurokawaは、現代日本音楽の精神を体現しながら、ジャンルや地理的な制約を超えています。彼の作品は、音楽が文化の壁を越える力を持つことを示し、世界中の聴衆に響きわたっています。音楽の進化と実験を続ける彼は、現代音楽の風景の中で重要な存在であり続けており、伝統的な日本のメロディとグローバルな音楽的視点を融合させています。

    アーティストページへ


    Naru Kurokawaの他のリリース