dropのジャケット写真

歌詞

drop

brighym

不安定な世界が

いつかバランスを崩したら

変わらず僕らのままでいられるかな

アンテナを張ってた

その笑顔濁させないように

僕の持つ切り札のすべてを使ってさ

君にしかわからない

孤独までは拭えない

そんなもんだとしても

そばにいたいんだ

透明な想いを包んで今届けるから

想い馳せてあどけない夢を見ていた

深い闇に雫を落として

優しさを見せ合えば

愛しさが瞬いて輝いて

体中を走るから

このままこの上なく

最上の時間を過ごせたら

死ぬ間際までずっと

幸せって言えるかな

そんなに上手くは

いかないことなど知ってるさ

痛みを伴いながらも君を見ていたら

ゆらゆらと揺れては

落ちてく光さえも

掴めそうな気がした

バカみたいだ

冷静な頭と裏腹に心は乱され

何だか悔しくて嘘ついてしまうんだ

卑屈な昨日に別れ告げて

痛みを分け合えば

臆病な未来も疑いを解いて

僕らに微笑むさ

失ったものはたくさん

それらの上に立って僕ら生きてる

少しはマシな大人になれたのかな

答えを探した

君はどんなふうに思うのかな

鮮明な想いがいつまでも

ほらここにあるから

想いの渦に溶けてずっと夢の中

深い闇に雫を落として

優しさを見せ合えば

愛しさが瞬いて輝いて

体中を染めていくから

  • 作曲

    北川万登

  • 作詞

    北川万登

dropのジャケット写真

brighym の“drop”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    drop

    brighym

ストレートな想いを力強く歌い上げた壮大なロックバラード。
どこか卑屈で、でも優しくて、突き刺すようなメロディに力強いバンドアンサンブルが響く。

アーティスト情報

"