トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

「いつくしみふかき」(讃美歌312番・カトリック聖歌657番)はアイルランドの教師ジョセフ・スクリヴェンが、闘病する母を慰めるために書いた詞で、当初は匿名で発表されました。そこにはイエスの大きな慈愛、イエスへの信頼が綴られています。世界が移り変わるこの時代に、やすらぎと希望のメッセージとして、ソプラノ歌手TMaeが楽曲アレンジ、歌唱しています。

アーティスト情報

  • TMae

    ソプラノ歌手。ドイツ、イタリア留学の後、帰国後は東京室内歌劇場、東京二期会に所属し、オペラ・コンサートの舞台で活躍。近年はフィンランド歌曲の紹介に務めるなど、幅広い領域で活動中。2012年より楽曲制作を開始、2013年、日経CNBC、2014年BSジャパンなどの番組オープニングテーマ曲などを手がけ、自身の歌唱を用いた、クラシックアレンジ曲を発表している。第一回クラシカルクロスオーヴァーコンテストファイナリスト。

    アーティストページへ