ワンマンライフのジャケット写真

歌詞

ほぼ宦官

佐々木伶

女性はみんな僕に話す 自分のこと洗いざらい話す

会うのも今日が初めてなのに 上司の悪口 家族のもめ事

それでも距離はつまらない もう一度会うことすらない

使い捨ての言葉のごみ箱 もう役割は終えたんだ

僕はほぼ宦官 僕はほぼ宦官

男でも女でもありゃしない だから何でも言えるんだ

僕が悩みの当事者になることはない

話し相手になってるようで ただ吐き捨てられてるだけ

向こうからきたLINEは100ラリー こっちから送れば 3時間後やっと既読

目の前にいるのにいないようで まるでシックスセンスの世界

いっそ初めから断ってくれ 絶対僕のこと嫌いでしょう

僕はほぼ宦官 僕はほぼ宦官

スキャンダルとは無縁 めっちゃクリーン 毒にも薬にもなりゃしない

女子高生の家庭教師だった時 見張り役のおばあちゃんが3度目でいなくなった

  • 作曲

    佐々木伶

  • 作詞

    佐々木伶

ワンマンライフのジャケット写真

佐々木伶 の“ほぼ宦官”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

京都を中心に活動するシンガー・ソングライター佐々木伶のファースト・アルバム。「社会も捨てたもんじゃない だって私が選ばれてない」「辛くない 悲しくもない ぬるま湯を抜け出さなくてもいいだろう?」」---。本作は持ち味である自身の人生経験を赤裸々に綴ったリリックと耳に残るキャッチーなメロディが詰め込まれた1枚となる。ギター/ピアノの弾き語り、ラップからK-POP風のダンスチューン、全て一人で録音した合唱曲までバラエティに富んだ全30曲が収録。 プロデュースは大橋翔司(The World Will Tear Us Apart / なみのり)、ジャケットイラストは谷このみが手掛ける。

アーティスト情報

  • 佐々木伶

    幼少期よりクラシックピアノを習い、中学に軽音楽部があったことからギターも始める。大学の軽音サークルでバンドを組み、本格的にオリジナル曲を作り始める。卒業後の2014年頃から SoundCloud 等に自作曲をアップロードし始める。同時期に京都のライブハウスを中心にライブ活動を開始。ギターにピアノ、三線、ドラムと使えるものはなんでも使うライブ・パフォーマンスで、関西アンダーグラウンド・シーンの中でも異彩を放つ。 2019年12月に『鶏を食べてワイン飲む / 僕に女性を紹介しないで』、2020年4月に『春は来る EP』、2021年7月に『結局行き先はソウル』をそれぞれ Bandcamp にてリリース。2020年1月には、京都深草のアニーズカフェで、初のワンマンライブを成功させる。

    アーティストページへ

automatic au go-go

"