のジャケット写真

Greed

  1. Greed

メランコリック・ゴシックメタル"eleanor" (エレノア)
2019年新曲

eleanor

2006年 Ippei J.Malmsteen(Gt), Shiori Vitus(Vo)が中心となり、大阪にて結成。 The Gathering (eleanorという名前は彼らの曲名からヒントを得て、名付けた。) , Sentenced, Amorphisなど主にヨーロッパのバンドから影響と日本人の感性をミックスしたメランコリック・ゴシック・メタルを提唱。 デモを発表。 東京、大阪でのライブ活動を始動。 2007年 Lupin (Bass)加入 2008年 1st アルバム"A Circle Of Lament" リリース。 2011年 Shiori Vitusの提案による1年間の活動休止。 2012年 活動再開。 Nao (guitar)、Jet Rumi (chorus)加入。 2013年 2ndアルバム "Breathe Life Into The Essence"リリース。 全曲日本語歌詞、日本語で歌うことにより、独自性を強めた。 ベルギーで開催のMetal Female Voices Festに日本のメタルバンドとして初出演。 帰国後、Eluveitie日本ツアーのオープニングアクトを務めた。 2015年 Carlos (drums)加入。 2016年 3rdアルバム “Celestial Nocturne”をルビコンミュージックよりリリース。 マスタリングをAlexander Krull (Leaves’ Eyes)が手掛けた。 2017年 Carlos脱退、Kegoi (No Limited Spiral)をサポートに起用。 アコースティック楽器編成のライブ展開も手掛け、シングル"Mellow Songs (Unplugged and the others)"をリリース。 2018年 Masaki (drums)加入。 アルバム “Celestial Nocturne” ユーロ盤をMighty Music(デンマーク)よりリリース。 Alexander Krull (Leaves’ Eyes)がリマスターを手掛けた。

アーティストページへ