夏の金網のジャケット写真

歌詞

夏の金網

藍坊主

やっぱりハズレた アイスの棒を噛んで 虫食いだらけの ビンゴに笑って

良くも悪くもない おみくじを結んで 期限切れになった クーポン捨てて

劇的ではない僕らだけど なんとなく過ぎる日々だけど

君が見ていた夏ぞらに 鼻歌まじり歌うよ 吹奏楽が金網から 風に変わるように

どこまでも行けるはずさ ブロック塀を焦がした 日差しよりも白かったこと 僕ら心のまま

一度で挿さらない 裏でも挿さらない 戻すと挿さる USBメモリのような

料金所からの渋滞 2回洗う食器 捨てると必要になる 段ボールのような

空気に乗れない僕らだけど 思い通り行かない日々だけど

君が見ていた夏ぞらに 鼻歌まじり歌うよ 水槽に透けるあの夜が 月を放すように

どこまでも行けるはずさ ブロック塀を冷やした 虫の音より透明なこと 僕ら心のまま

四角い夏の暴風が 机に吹く通り雨が めくったページは かきかけのまま どこへ向かおう

僕らが描く夏ぞらに 鼻歌まじり歌うよ 吹奏楽が金網から 風に変わるように

どこまでも行けるはずさ 朝顔を種に変える 日差しよりも熱かったこと 僕ら心のまま

  • 作曲

    藤森真一

  • 作詞

    佐々木健太

夏の金網のジャケット写真

藍坊主 の“夏の金網”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    夏の金網

    藍坊主

過去ランキング

夏の金網

iTunes Store • ロック トップソング • 日本 • 21位 • 2021年11月4日

過去プレイリストイン

夏の金網

Spotify • tuneTracks Weekly • 2021年11月5日

アーティスト情報

  • 藍坊主

    神奈川県小田原市出身のロックバンド。 秀逸なメロディーと多くの人に共感される身近なテーマを題材にした歌詞、 そしてライブを積み重ねることで身に付けた確かな演奏力と透明感のあるボーカルが魅力なバンド。

    アーティストページへ

Luno Records

"