poor ~ゼラニウムの誘惑~ 後編のジャケット写真

poor ~ゼラニウムの誘惑~ 後編

Various Artists

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

poor後編文言 「きらきらひかる」の郷田マモラ原作のオーディオドラマ。2021年1月に配信スタートした「poor~ゼラニウムの誘惑~前編」に続く後編。 孤独で心に闇を抱える登場人物たちの内面を繊細に描きながら、 ミステリアスで緊張感のある 逃走劇・追跡劇が展開されていく。 出演者には、立花慎之介、福山潤、新井里美、小清水亜美などの豪華声優陣に加え、モデルのLIZA、元宝塚の大湖せしる、ラジオMCのHappyだんばらや、元NMB48の三田麻央、「仮面ライダーアマゾンズ」に出演する谷口賢志など豪華&ユニークな顔ぶれが揃い、本作品のミステリアスな世界観を作りあげている。 【原作者:郷田マモラ】  マンガ家。フリーのイラストレーターとして活動した後、 1993年に『虎の子がゆく!』がちばてつや賞一般部門大賞を受賞、 『花の咲く庭』がミスターマガジンの新人漫画賞入選を受賞し、 マンガ家デビュー。 1998年、女性監察医の活躍を描いた『きらきらひかる』が フジテレビ系にて深津絵里主演によりドラマ化。 2005年、『MAKOTO』が君塚良一監督のもと映画化。 2007年、拘置所の新人刑務官と死刑囚の友情を描いた 『モリのアサガオ』で、平成19年度文化庁メディア芸術祭 マンガ部門大賞受賞。 2008年、『モリのアサガオ』が生野慈朗監督により映画化。 2010年にはテレビ東京系にて伊藤淳史、ARATA出演によって ドラマ化された。 そのほかにも裁判員制度について描いた『サマヨイザクラ』 冤罪事件について描いた『ニコラオスの嘲笑 警部補・森村つぐみ』 など話題作を世に送り出し続けている。

アーティスト情報

PKP