約束の場所へのジャケット写真

歌詞

約束の場所へ

HIDEKAZU

あれからいくつもの 季節追い越して

それぞれの場所で 皺も増えただろう

振り返るたびに 仲間のその夢

消えてゆくごとに スピードを上げて

走り続けてるよ

きみが今どこにいて 何をしていても

繋いでく思い

笑って 悩んで 躓いてゆくことで

ぼくらわかる 大切なその光

守りたいものや あの夢が変わっても

ぼくの世界の中で きみのかわりはいない

きみにかわりはいない

あれからいくつもの 奇跡がかさなり

今日まで生きてく 力になれてた

失うことばかり 考えてても

前に進めないからさ 靴を脱ぎ捨てて

走って 転んで 擦りむいてゆくことで

ぼくはわかる きみの心の痛み

もしもきみがいる 知らないその世界で

どんなに否定されても

きみのかわりはいない

今でも隣に あの頃のきみがいて

未だに変わらず ほらここにいれる

あの空の彼方に 虹の始まりと

終わりがあること 誰が決めたのか

走り続けてくよ きみもその世界にいて

二人で目指した 約束の場所へ

走って 走って 止まることできない

迷って 悔やんで それが強さに変わる

二人で描いた あの虹の向こうへと

別々の道からでも その先で会える

  • 作曲

    HIDEKAZU

  • 作詞

    HIDEKAZU

約束の場所へのジャケット写真

HIDEKAZU の“約束の場所へ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    約束の場所へ

    HIDEKAZU

アーティスト情報

  • HIDEKAZU

    埼玉県朝霞市出身。高校卒業後の2011年東京フィルムセンター映画・俳優専門学校に入学(旧名)。2014年卒業後、舞台やミュージカル、TVCM、ラジオ出演等で活動する。最近ではショートフィルム映画を主演とプロデュースし、活動の幅を増やしている。2016年頃から独学でDTMを学び、作詞作曲を行う。

    アーティストページへ

"