さくらふぶきのジャケット写真

歌詞

としごろ

ジローシノハラ

窓を激しく打ち付ける雨と 雷鳴に揺さぶられ

雨露濡れそぼつ肩にかけた タオルが滑り落ちる

ふいに幼い胸の蕾さらす

童と女を使い分ける そんな年頃か

乙女は無邪気装い 男を試すけれど

勇んで無理に花を散らす事は無いのだから

僕を見つめないで

諭され悟れぬ愚かさそれは いつか来た道の事

幼いゆえの慢心にいずれ 惨めな思いをする

何処で幼い駆け引き覚える

まるでそれはそれであるべきと 急かされる様に

お前の言う恋は今日生まれ 明日死ぬかげろう

夢覚める頃 水面にその亡骸漂う

過去の僕の姿

  • 作曲

    ジローシノハラ

  • 作詞

    ジローシノハラ

さくらふぶきのジャケット写真

ジローシノハラ の“としごろ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

"