トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

「もし神なんてものがいるとしたら、」ー2022年6月、名古屋のラジオ局「ZIP−FM」主催の大型ライブ・サーキットイベント『SAKAE SP-RING』(サカエ・スプリング)にて、転換時から演奏終了まで入場規制がかかり続けた注目のバンドarne(アルネ)が新曲をリリースする。2022年8月3日(水)00時00分から各種音楽ストリーミングサービス、及びダウンロードサービスにて配信される。
理知的な男性ボーカルの歌い出しから、5拍子で紡ぎ出される爆発力のある女性ボーカルによるサビが印象的な最新楽曲は「男女ツインボーカルマスロックバンド」と銘打つarneに相応しい一曲になっている。
また、今回の新曲ミュージックビデオはVo/Gt.ひらめの出身地である岐阜県高山市の、観光地として知られている「光ミュージアム」の協力を得て撮影が行われた。幼少期に家族と光ミュージアムを訪れ、美術の世界に魅せられた彼女は、以来、アートや音楽、芸術に関心を持ち、現在ではアーティストとしてこのミュージアムに戻ってきた。映像ディレクターのナカヤマヒロノリが撮影及び演出を手がけた「orchard」のミュージックビデオもリリース同日の8月3日(水)、21時00分にarneのYoutubeチャンネルにて公開される。

過去プレイリストイン

orchard

Apple Music • 最新ソング:J-ロック • 2022年8月5日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年8月4日

アーティスト情報

  • arne

    岐阜県発 男女ツインボーカルマスロックバンド「arne」(アルネ) 2019年8月27日始動。 Vo/Gt.ひらめ、Gt/Vo.ワオシュン、Ba.田辺晃太郎、Dr.タカノの4人から成るarne。 The cabsや宇宙コンビニ、American Football等に影響を受けた彼らは、ニッチなジャンルであるマス(数学的)ロックを、Gt/Vo.ワオシュンの描く小説の一部を切り取ったような世界観や叙情的な旋律を用いて独自に噛み砕く。Vo/Gt.ひらめの透き通った儚い声、緊張が漂う変則的なリズムにダイナミックな展開を持ち合わせ、キャッチーさを失わない。 まさに、arneにしか作り得ない現代の新たなマスロック・ミュージックを切り開く。自主制作のミュージックビデオやデザイン等、方法に囚われず様々な表現を用いて精力的に活動中。 ​​2019年9月に1st Single『Æter/hallu』をリリース。収録曲『hallu』のミュージックビデオは、公開から1ヶ月経たず1万回再生を超える。また、TUNECOREにてpick upアーティストに、MASH HUNT にて12月のMASH PUSH!にも選出。 2020年3月、2nd Single『epilogue/fractal』を発表。7月にはAWAのCMタイアップ収録曲『epilogue』が起用される。さらに8月、3rd Single『chronicle』、1st EP『cubic』をタワーレコード店舗限定流通にてリリース。12月にはSEKAI NO OWARI 、Official髭男dism等の音楽プロデュース、アレンジを手掛ける保本真吾氏の企画、EnjoyMusicへ参加。企画内コンピアルバムにて保本氏、シナリオアートのハットリクミコ氏とのコラボ楽曲『hailsham』リリース。2021年6月テレビ朝日系列全国放送「musicるTV」にて紹介。 2021年9月、arne自主制作となる4枚目のSingle『遡行』をリリース、先行販売分100枚は予約時で即完売となった。2021年10月よりサブスクアプリAWAにて音声配信「LOUNGE」の公式配信アーティストに抜擢。毎週月曜日20時から配信の「arnight」(あるないと)は2022年1月のラジオ配信ラウンジランキングでは40組以上の中から7位にランクイン。2022年5月時点でのYoutubeの総再生回数35万回、Youtube Official Artist Channel公認アーティストに認定。現在、最も注目すべき令和のマスロックバンドである。

    アーティストページへ


    arneの他のリリース