FLY TO YOUのジャケット写真

歌詞

リアル

manana

遠く遠く信じてきた言葉が

今ガラクタの嘘になる

残されたこの体を引きずって

どこへ行けばいい?

冷めた冷たい視線で見てるのは

鏡越しの自分だったのに

誰かのせいにばかりしてきたよね

誠実な悪循環 アラソイのなか

君の声がまだ僅かに響いてる

次の朝が来たら一人独り

この足で立ち上がれるように

今は誰もいない空の下

思いきり泣いて

途切れ途切れ見えてくる景色は

幼い日の残像だけじゃない

大切な人がそこに見えるから

行かないで 気づいたの

心のフェンス壊せるのは

誰でもない、自分だと

I can fly to Your place

And my real goal

Now I realize

愛おしく思えるくらいに

今は誰もいない空の下

思いきり泣いて

君の声がまだ僅かに響いてる

次の朝が来たら一人独り

この足で立ち上がれるように

今は誰もいない空の下

思いきり泣いて

I can fly to Your place

And my real goal

  • 作曲

    manana

  • 作詞

    manana

FLY TO YOUのジャケット写真

manana の“リアル”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

シンガー・ソングライター、mananaのファースト・アルバム(2013年作)。幼少期に場面緘黙症を患い、光と闇を知ったmananaだからこそ描ける世界観。レコーディングからミキシングまで自身で行い、こだわり抜いた完全セルフ・プロデュース作品。

アーティスト情報

  • manana

    manana(マナナ)。アコースティックギター弾き語り、シンガーソングライター。 幼少期に場面緘黙(言葉が話せなくなる精神疾患)を発症した経験から、"孤独"や"生きること"をテーマに曲作りを始める。その後、アメリカ留学を経て、洋楽に強い影響を受ける。帰国後、2007年より音楽活動スタート。 経験から紡ぎ出されるリリカルな楽曲、その世界観に共感した人たちがライブに集まる。ファン層は幅広く、年代性別を問わない。また、作詞作曲だけでなく、レコーディング、デザイン、MV制作に至るまで自ら手がけている。

    アーティストページへ

Zucca Musica

"