トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

『カレーライスの唄』
作詞・作曲 三代目 杵屋佐喜
       作調 望月左太寿郎
 
【唄】杵屋佐喜
【三味線】杵屋五助/松永忠三郎
【囃子】福原百之助/望月左太寿郎
【笛】藤舎推峰

『カレーライスの唄』
https://youtu.be/ZnM_dEr8f4o


©️2020ライジングウィステリア

アーティスト情報

  • 杵屋佐喜

    三代目 杵屋佐喜 長唄・唄方。昭和58年(1983年)東京生まれ。 江戸時代より続く長唄佐門会家元・七代目杵屋佐吉の次男。 6歳で国立大劇場にて初舞台。 唄を人間国宝・杵屋佐登代、今藤尚之、三味線を祖父・五世杵屋佐吉、田島佳子の各師に師事。 玉川大学文学部芸術学科、声楽専攻卒業。 声楽を藤原歌劇団テノールの市川和彦に、ピアノ・作曲をピアニストの仲野真世に師事。 第11回アジアクラシック音楽コンサート新人賞受賞。 平成14年(2002年)父の前名である佐喜の名を三代目として襲名。
現在、長唄の唄方として国立劇場、歌舞伎座など、全国各地の演奏会、歌舞伎、日本舞踊公演、NHK『にっぽんの芸能』『ラジオ深夜便』等のテレビ、ラジオに出演多数。 「市川海老蔵 Grand Japan Theater」ニューヨーク・カーネギーホール公演、「平成中村座スペイン公演」ほか、シンガポール、ブラジル等、海外公演へも多数参加。 全国各地で後進の指導にもあたり、音楽教科書の執筆、監修にも携わる等、長唄の普及活動にも積極的に取り組んでいる。 2014年日本コロムビア「和風ビートルズメドレー」発売。 2017年1月、自身が唄うピコ太郎の国立劇場版PPAP「PNSP」がYouTubeで300万回再生を越え、アメリカのCNNほか国内各メディアにも取り上げられるなど大きな話題となった。 2017年四世杵屋佐吉作曲三絃童謡集「三味線でうたおう!子どもと楽しむ長唄童謡~CD付~」 2022年『長唄ピース 杵屋佐喜編』を出版。 一般社団法人長唄協会会員。 母方祖父は『七人の侍』等で知られる映画俳優の木村功。

    アーティストページへ


    杵屋佐喜の他のリリース