MANHATTAN BEACH chapter twoのジャケット写真

MANHATTAN BEACH chapter two

小沼ようすけ

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

ジャズ・ギタリスト小沼ようすけによる、究極のチル・ギター作品3部作の第2弾。
今回の作品は、雑誌「HONEY」のYouTubeコンテンツとして公開されたカリフォルニア・マンハッタンビーチの風景映像のバックミュージックとして小沼が制作したインストゥルメンタル楽曲。ドローン撮影によるチル・サーフ感溢れる映像に合わせ、インプロビゼイションで制作されたサウンドは、究極のギター・チル・サウンド。エレキギターとエフェクトで表現されたサウンドは、音だけで海を見渡す空の彼方まで連れて行ってくれる感覚を呼び起こす

過去ランキング

MANHATTAN BEACH chapter two

iTunes Store • ジャズ トップソング • 日本 • 19位 • 2021年5月6日

アーティスト情報

  • 小沼ようすけ

    14 歳でギターを始める。1999年ギブソンジャズギターコンペティション優勝。 2001 年に SONY MUSIC よりデビュー、10 年間在籍。現在までに SONY 他から 10 枚のリーダー作品をリリース。 2004 年、リチャード・ボナ(ba)、アリ・ホニッグ(dr)をフィーチャーしたトリオアルバム"Three Primary Colors"を Ny で録音。 2010 年、フレンチカリビアンのミュージシャン達とレコーディングした「Jam Ka」発売。グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界感を展開。 2016 年、Flyway LABEL を設立。第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」の続編、「Jam Ka Deux」をリリース。この作品をきっかけにParisやMunichのジャズクラブ、Martinique Jazz festivalに出演。 2019 年 、Jam Ka Deux(17年)ツアー直後のスタジオセッションを収録したアルバム"Jam Ka 2.5"をリリース。 あらゆるフィンガーピッキングのスタイルをミックスさせた独自の奏法、ジャズをベースに様々な国を旅して得た影響や経験を音楽に採り入れながら、世界を音で繋ぐギタリスト。

    アーティストページへ

INSENSE MUSIC WORKS INC.