自分観光旅行のジャケット写真

歌詞

自分観光旅行

マサーヤン, サキエ

誰かの愛を欲した

求めるほどに離れた

このまんまじゃいけないやって

頑張り続けた

認めてもらいたかった

引きずる荷物ガラクタ

自分が創る幻想や

限界の中をあがいた

いろんなものを身にまとい

何かを崇めまつり

求めた外にある光

影はますます内に

なんだか永いこと耳元には銃口があって

走り続けていないと

価値がないと思っていた

突然扉開いた

認めてもらえないのは

自分が認めてないからだってことに気づいた

自分で自分満たした

自分で自分愛した

ただの自分を受け入れただけで

世界は変わった

ああそうか神様は自ら自分を離れ

自分を知りたかったんだ

愛は光はひと時も離れず

心の中だった

自分の中だった

自分の中だった

  • 作曲

    マサーヤン

  • 作詞

    マサーヤン

自分観光旅行のジャケット写真

マサーヤン, サキエ の“自分観光旅行”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

自分観光旅行

マサーヤン, サキエ

  • ⚫︎

    自分観光旅行

    マサーヤン, サキエ

ミドルエイジの内面を綴ったリリックを、旅感溢れるフォーキーサウンドに乗せて。

アーティスト情報

  • マサーヤン

    40代後半「真の自分で生きる」と決めたら、やりたいことはやっぱり音楽でした。 「真の自分で生きる」すべての人に贈る歌を歌う、アラフィフ夫婦による、めおとバンド。

    アーティストページへ


    マサーヤンの他のリリース
  • サキエ

    パーカッショニスト、草編み作家。中学、高校と東海大相模のブラスバンド部に所属。パーカッション担当としてコンクールやイベントなどに出演。20代の頃にオーストラリアにワーキングホリデーで滞在。その後派遣社員でOLをしながら時々バックパッカーとして海外を放浪。デンマークのエコビレッジ「スヴァンホルム」に滞在した時に自然に根差した暮らしに憧れ、三重県の熊野地方に移住。熊野古道ガイドをしながら2011年に衣食住量り売りのお店「木花堂」をオープン。2014年に旅人のマサーヤンと出逢い、結婚。現在二児の母。神奈川出身、山口県在住。

    アーティストページへ


    サキエの他のリリース

Bunbun records

"