アトピーのうたのジャケット写真

歌詞

おかし

スズキ サトシ

忘れたころにバナナボート

ミルクカステーラとやってくる

みぞれが降る前に家に入って

ババヘラアイスと大宴会

棒のジュースは凍ったかな?

冷蔵庫を眺めても

固まるスピードは変わらない

干し芋は焼けたかな?

焦げてしまって

しょげて言葉も出てこない

コーヒー味のアイスだけ

やけに気に入る夜があり

大好物を忘れたことに

悲しくなった28歳

酒屋さんが開いているうちに

明日のおやつを買いに行く

200mの大冒険が

今や600kmの大冒険

花火を燃やす瞬間よりも

バケツに落とすのが好きだった

誰にも言わなかったけど

ジュワッと水は驚くんだ

タッパに入ったアイスはね

やけにご馳走だったのさ

湿り始めたコーンの触り心地を

僕はもう思い出せないでいる

生きてるうちに思い出せば

食べられるおかしだけど

仏壇の前に添えられたおかしは

腐ってただ捨てられるだけなのさ

食べかけたチョコはやめて

固まる前に東雲羊羹を食べる

志んこはふわふわのうちに

忘れないようにしなきゃ

忘れないようにしなきゃ

ターミネーターのクッキーも良いんだけど

やっぱりトラピストクッキーが最高だ

炎天に現れるカブトムシを見つけた興奮

カマキリが踊り始めた夜

虫かごの中のきゅうりの匂い

僕はもう思い出せないでいる

おかし

  • 作曲

    スズキサトシ

  • 作詞

    スズキサトシ

アトピーのうたのジャケット写真

スズキ サトシ の“おかし”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

スズキサトシ2ndアルバム『アトピーのうた』、制作期間9か月を経てついにリリースされた。

大半の楽曲が暗く陰鬱な雰囲気を纏っており、異様なほど厭世的な内容となっている。

さらに歌詞に注意を向けると「死・病気・火葬・仏壇」と言った言葉が散見され、前作のような明るくポップな側面を期待しているリスナーは拍子抜けを食らうかもしれない。

だが本作には以前には持ち得なかった、痛々しさを伴ったスズキサトシという一人の人間の悲痛な叫びが感じられる。

とくに表題曲である『アトピーのうた』は、彼の持病をテーマに据えた内容であり、おそらく世界で初めての「アトピー性皮膚炎」の歌だろう。

郷里の秋田弁を用いたものや、斬新な構成の楽曲も見受けられ、このような音楽的に挑戦する姿勢も存在することからも、本作は音楽家スズキサトシとしての一つの試金石となるのではないだろうか。

真っ暗な夜にこのアルバムに耳をすませば、我々は何か大事なことに気づくかもしれない。

アーティスト情報

"