のジャケット写真

SPIRALE

  1. スピラル
  2. Lastsong
  3. TANZEN
  4. SPIRALE (Instrumental Ver.)

「スピラル」は、アニメ・恋愛アドベンチャーゲーム「NORN9 ノルン+ノネット」の舞台版主題歌。kilk recordsにて活動中のバンドAJYSYTZのボーカル・五阿弥ルナのソロ・ファースト。作詞・作曲は「ノルン」の世界観をふまえ、自身が行なっている。作編曲は有田易弘との共同作業により、幻想的でシネマティックな雰囲気とインダストリアルで現代的な音像を絶妙にミックス。ブルガリアンポリフォニーを彷彿とさせるような多重コーラスと深度のある歌声で、切なさと強さを共存させた一曲に。透明度とえぐるような質感を行き来する声が、機械的なリズム・表情豊かなストリングスとギター(有田易弘)、有機的なグルーヴのベース(平泉佑真)と心象風景のようなレイヤーを描き出す。舞台挿入歌として使われた、オルタナティブなバンドサウンドで聴かせる「Lastsong」、アコースティックギター1本と天衣無縫に響く歌声が無国籍的な「TANZEN」、「スピラル」のinstrumentalバージョンも同時収録。

五阿弥ルナ

歌手・声優。ムーブマン所属。バンドAJYSYTZ(アイシッツ)では作詞作曲、ボーカルを担当。 幼少期から物語を創作し、ラジカセで採取した音と自分の声でラジオ番組を作るなど、「音声」の世界にのめり込む。思春期の一時的な病をきっかけに身体の可能性に気が付き、 声を楽器にするための研究と表現を志す。早稲田大学第二文学部卒業。 在学中よりナレーション・音楽の仕事を開始。坂本龍一氏に「独特の周波数と才能」と称された声が話題を呼び、 NHK「あさが来た」、アニメ「おそ松さん」「3月のライオン」等の話題作でも劇伴音楽の歌唱を多数担当。 北欧を思わせるスイートなウィスパーボイスからエモーショナルな叫びまで行き来する、スリリングな声が特徴。 ライブ出演ほか、声優としてアフレコ、舞台出演でも活動。舞台「NORN9 ノルン+ノネット」では主題歌「スピラル」を手がける他、アイオン役として声の出演を担当。 心を動かし続けることをモットーに、「音・声」で演じる可能性を追求している。