スリル

  1. スリル

UMBによる日本語ラップ・コンピレーションシリーズ『UMBC』シーズン3の第4弾シングルは、数々のMCバトルにて実績を残す一方で、映画『SR サイタマノラッパーロードサイドの逃亡者』に出演するなど、幅広いフィールドで活動する奈良県出身のラッパー、HI-KING TAKASEによる「スリル」だ。
 『UMB』は勿論のこと、これまで『THE CARNIVAL』、『B-Boy Park』、『KING OF KINGS』、『戦極MC』といった名だたるMCバトルに参戦し、その名を広めていったHI-KING TAKASE。レコーディングアーティストとしては、2008年にはHI-KING名義で1stアルバム『Rhyme Viking』でデビューを飾った後に、RHYMESTERの所属事務所であるstarplayersの一員となり、2017年にはstarplayers RECORDSからHI-KING TAKASE名義でアルバム『NEW タカセ』、さらに今年1月には最新作となる『HK Stupids』をリリースしている。また、プロデュースチーム MARUHIPROJECTとタッグを組んだアルバム『MARUHICODE : HI-KINGakaTAKASE』や、高槻のラッパー JABとのEP『Act Like You Know』を共に2012年にリリースするなど、コラボレーションワークも活発に行なってきた。
 今回のシングル「スリル」のプロデュースを手がけたのは、今シーズンの『UMBC』では通算3作目となる、日本のヒップホップシーンを代表するトッププロデューサーのDJ WATARAIだ。エレキギターとラウドなドラムが鳴り響き、ファンキーロックなフレイヴァーも強く感じさせる音圧高めのトラックに、HI-KING TAKASEは巧みなフロウやライミングを盛り込みながら、真っ向から勝負を仕掛ける。過酷なヒップホップシーンの中で戦っていくための揺るぎない覚悟や、常に力強く前へ進んでいくポジティブな姿勢がリリックにも溢れており、DJ WATARAIの最上級のトラックと熱い化学反応を起こす。フックにある「一発で決めるフレッシュなテイク」の言葉通り、HI-KING TAKASEならではの切れ味鋭いラップが詰まった、最高の一曲と言えるだろう。

HI-KING TAKASE

HI-KING TAKASE PROFILE : TAKASE (Rap) の1Mic プロジェクト「HI-KING TAKASE」。 1983 年生まれ、奈良県出身。 2002 年活動開始。ライブバトルでも、フリースタイルバトルの大会でも実績を残して活動範囲をひろげてきた稀有なラッパー。 2008年、自主制作アルバム HI-KING「Rhyme Viking」リリース。 2012年、produce teamであるmaruhiprojectと「MARUHICODE:HI-KINGakaTAKASE」リリース。 2012 年、入江悠監督の映画作品「SR サイタマノラッパーロードサイドの逃亡者」にMC NO VOICE・役として出演。 2017年、starplayers RECORDS からアルバム「NEW タカセ 」リリース。 2020年、アルバム HI-KING TAKASE 「HK Stupids」(produced by 法斎Beats) リリース。 主な入賞歴: ⚫︎MC バトル「THE CARNIVAL 2008」FREESTYLE BATTLE(優勝) ⚫︎LIVE バトル「THE CARNIVAL 2008」THE LIVE BATTLE(優勝) ⚫︎LIVE バトル「B-Boy Park 2009 A+ Live Battle」(優勝) ⚫︎MC バトル「UMB 大阪予選 A 大会 2015」(優勝) ⚫︎MC バトル「UMB GROUND CHAMPIONSHIP 2015 FINAL」 (ベスト 4) ⚫︎MC バトル「KING OF KINGS 2016 西日本予選」(優勝) ⚫︎MC バトル「KING OF KINGS 2019 西日本予選」(優勝) ■booking&info hikingtakase_info@yahoo.co.jp ■production http://starplayers.jp/

アーティストページへ

Libra Records