Kit Mot Atのジャケット写真

歌詞

Fool

SPORTS

黒塗りのハイヤー

それ追うパトカー

鈍色の空に

サラウンドシステムで

90’sムービー

まるでそんなような

イメージしたんだ

僕ら歌えば

ストーリーのはじまり

サウンドメイキング

ドラムはBanging

音はNever never retune

I’m a fool

今世紀最大級

体内にOn airする

脳幹に侵略中

もっと感じなきゃ

I’m a fool

鏡に「Who are you?」

それすら難解Groove

僕らはBeat junk fool

行き先不明だ

焦げ付いたネオン

不協な電子音

寂れた街並み

不穏な空気のロードムービー

まるでそんなような

イメージしたんだ

君が望めば

ストーリーのはじまり

シナリオなしの泣き顔にパンニング

今もNever never retune

ギリギリのグル―ヴにいま身を委ね

止まりそうもない

止まれそうもない

止める気もない

I’m a fool

人生の合間縫う

渾身のライフワーク

今日を喜怒哀楽する

もっと感じなきゃ

I’m a fool

パーティの開幕

上昇する心拍数

今でもThinking about you

行き先不明だ

I’m a fool

今世紀最大級

体内にOn airする

脳幹に侵略中

もっと感じなきゃ

I’m a fool

鏡に「Who are you?」

それすら難解Groove

僕らはBeat junk fool

行き先不明だ

気怠い夜は眠れない

終わらないLoopでダンス踊りたい

朝が来るまで溶けたい

夢じゃない夢にいま溺れたい

毎晩君に届けたい

音になって耳から抱かれたい

脳内の海で泳ぎたい

It’s easy

I’m a fool

  • 作曲

    伊藤 寛之

  • 作詞

    伊藤 寛之

Kit Mot Atのジャケット写真

SPORTS の“Fool”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • SPORTS

    2001年、伊藤寛之(Vo&G)が高校の同級生と結成。 2002年浜松市にいた頃からバンド仲間を通じて顔見知りだった大石貴義(Drum)が加入。 同年9月4日1stミニアルバム「キリン出現/This Here Giraffe」(マーブルトロン/THINK! POP RECORD)をTOWER RECORDS限定(2000枚)で発表。TOWER RECORDSインディーズ・ウィークリーチャート4位、月間ベストセラーチャート10位を記録。 2003年元ハートバザールのベーシスト永井紀子が正式メンバーとして加入し、11月21日2nd ミニアルバム『Scherzo』(Aja-RECORDS)発表。TOWER RECORDSインディーズ・ウィークリーチャート3位を記録。 2004年5月21日1st シングル『Sports Wear』でメジャーデビュー。「オー!マイキー」の監督で知られる石橋義正氏制作による“主婦が頭で皿を割り続ける”皿割りループ・ミュージックビデオが話題となる。 8月8日には早くも「SUMMER SONIC’04」に出演。 8月21日、2ndシングル『Super Sonic』、10月6日1stフルアルバム『Funny!!!』を発表。 2005年5月21日3rdシングル「Believer」発表、初のワンマンライブを東京・大阪で開催。 同年7月永井紀子(Bass)が脱退。 混沌とする日本のロックシーンに於いて、他のギターロックバンドとは異質の作品構成力とポピュラリティを併せ持ち、次なるムーブメントを起こすだけの力量と可能性を持ったロックバンドである。

    アーティストページへ

emotico

"