繭の中にずっといたかった
ダメだってことも知っていた
いつかはみんな気づいて
どのみちまた歩いていく