トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

この曲はずっと書きたかったラブレターです。私がゴッホと出会ったのは、小学生の頃に読んだ圀府寺司さん監修の漫画でした。当時はかなり内向的で、こだわりが強いくせに人の顔色を伺う、傷つきやすい子どもだったと思います。行き場のない沸々としたものを抑え込むように、図書室で本を手に取っていた時。ずらっと並んだ伝記漫画の中にひとりの不器用すぎる画家の人生を見つけました。「なんてアンバランスな人なんだ!」と衝撃を受け、強く惹かれ、こんな生き方もあるのだと知りました。「一枚の絵の中でぼくは音楽のように、心をなぐさめるものを語りたい。そのためにぼくは、いつも色彩のかがやき、色彩のふるえを探し求めているのだ」たくさんの手紙を残した彼の言葉の中でも特に好きなものです。絵と音楽、形は違えどたどり着いた表現というコミュニケーションは私を救い続けています。(豆ノ詠)

絵 / 田村拓也(やまなみ工房)
「便箋とフィンセント」
Lyrics / 豆ノ詠, Compose & Arrangement / aononakanokuro, E.Guitar (Stratocaster) / 丸山史朗 (FLYING KIDS) E.Bass (Precision Bass) / 世古口智哉, Chorus/豆ノ詠, All Sounds Programming&Treatments / aononakanokuro, All Track Recorded & Mixed by aononakanokuro (Soul Dressing Studio) , Produce by 青木多果 (tiny step records)

過去プレイリストイン

便箋とフィンセント

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年7月6日

アーティスト情報

  • 豆ノ詠

    豆ノ詠(マメノヨミ)は2008年に中村舞子でデビューし、今回新たな方向性を見出して改名いたしました。 2022年、深い海の底のようなバラード曲「ブルーオンブルー」は新たなパートナーにサウンドクリエーター青の中の黒(aononakanokuro)とタッグを組み、優雅で憂鬱なピアノ、多重コーラス、そして抑えた感情を爆発させるハードなギターサウンドを融合したジャンルに囚われないオリジナルソングに仕上がりました。 0からスタートした、新しい彼女の音楽をどうぞ感じて下さい。

    アーティストページへ


    豆ノ詠の他のリリース

tiny step records