ラブ☆ロマンスのジャケット写真

歌詞

Get☆Over

Love Ballad

Together we always think of

Something to happen in love

Tonight we sing in love song of

Your love

We must getting better in love

Time to see the destination

Over the rainbow so we can get

Together as well

To go tomorrow in my happiness

Town is love place for the past

To have a dream for the times in

Love destiny

To love on we could get over

Night and day

We must getting better in love

Time to see the destination

Over the rainbow so we can get

Together as well

To go tomorrow in my happiness

Time is love place for the past

  • 作曲

    黒澤伸介

  • 作詞

    黒澤伸介

ラブ☆ロマンスのジャケット写真

Love Ballad の“Get☆Over”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

この上ない仕上がりとなったLove Ballad4枚目のアルバムは、ゴシック・メタルとポップ・ロックが混在する名盤となった。彼の真骨頂である、メジャー・マイナー行ったり来たりのスケール感は、全ての人を魅了する。壮大で、魅惑的な彼の楽曲は、天性のオリジナリティーを帯び、ラップを取り入れるなど、多様性の片鱗を見せる結果となった。

アーティスト情報

  • Love Ballad

    Grandcrossの黒澤伸介(クロサワノブヨシ)が、2019年にスタートさせたこのスタイルは、ラブソングの宝庫となるべく設立された。そして、英語が得意な彼が2020年に配信させたPopナンバーを制作し、彼の本筋である、Pop Rock は、オルタナティブロックシーンにラブロックを組み込んだ、歌詞はラブロマンス、曲はハードな曲を生み続けている。 2020年6月にオルタナティブロックの最高傑作、「何度も好きと言って」を配信。彼の曲はロックで歌詞はラブロマンスと言うスタイルは、形式無しのジャンル、オルタナティブロックを完全に網羅。Love Balladは完全体に近づいた証となった。

    アーティストページへ

  • Grandcross

    運命の回帰線とアベレージ線の交わる大十字を表すGrandcrossは、2000年にその前身であるGroundcrossが誕生、それまで、Guitarで書きためた黒澤伸介がオールパフォームド、オールコンポーズ、作詩作曲など全てを手掛け、2016年にデジタル音楽界にデビュー。彼こと黒澤伸介はDr. G. Vo. Key. を勤め彼自信得意のポップロック路線にオールジャンルなサウンドを盛り込むというコンセプトをもとに設立されている。彼の独自のサウンドメイクセンスである、メジャースケール、マイナースケールいったり来たりは独特の世界観を生む。

    アーティストページへ

Grandcross.info

"