A-Team's Fablesのジャケット写真

A-Team's Fables

-

Rikuto AF, KM, Osteoleuco, Lil' Leise But Gold & Ettoman

A-Team's Fables

  1. A-Team's Fables

「A-Team's Fables」は日米のアーティストの架け橋となるヒップホップレーベル「Frank Renaissance」の初プロジェクトになります。楽曲は日本の有名ラッパーとすでに多くの楽曲を世に送り出しているKMにてプロデュースされており、9万5千人以上のフォロワーを持つNY在住NBAユーチューバー、Rikuto AFがリードアーティストとして参加しています。MGFのプロデューサー/MCのKSKとJuaやB-BANDのピア二ストのShimon Hoshinoによるユニット、OsteoleucoとシンガーソングライターLil’Leise But Gold、2017年日本全国ビートボックスチャンピオンも参加しています。トラックと共に、カルフォルニアを拠点とするデザイナーのLorien Sternと原宿のバスケストリートウェアブランドCoast2Coastのコラボ服もリリース予定であり、Coast2Coastのストリートvibeと、Lorien Sternのキュートでマジカルな、二つの世界観の融合をイメージして曲を作ってます。「A-Team's Fables」では日英のリリックとトラップからR&B、Lo-fiなど、幅広い音楽ジャンルの要素を一つの曲に入れて、世の中にあまりない音楽の世界観を生み出しています。

現在ランクイン

A-Team's Fables

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 86位

Rikuto AF

ニューヨーク生まれ育ちの日本人ユーチューバー・ラッパー。ユーチューブでは10万人近くのファンを持つ。タレントとしては、Rakuten TVの「Daily NineNext」と「Baksetball Diner」など様々なバスケ番組での出演実績を持つ。2020年にクウェイト人ラッパー2rabuと一緒にKobe Bryantについて語るラップソング「Bounce」をリリースした。

アーティストページへ

KM

音楽プロデューサー。 ヒップホップに根ざした音楽スタイルを保ちつつ、異ジャンルとの果敢なクロスオーバーを試みる制作姿勢が常に話題に。 ANARCHY、SALU、BAD HOP、田我流、ECD、SKY-HI、Taeyoung Boy、Gottz、Kvi Baba、YDIZZY、WILY WNKA、VIGORMANなど、すでに数多くの楽曲やRemixワークを世に送り出している。自身名義では「Lost (EP)」(2017)、「Fortune Grand (Album)」(2018)、田我流とのEP「More Wave」(2019)、(sic)boyとのEP「(sic)’s sense」(2020)とフルアルバム「Chaos Tape」をリリースしている。

Osteoleuco

Osteoleucoは2人組ヒップホップ・クルー、MGFのプロデューサー兼MCのKSKと、JuaやB-BANDJのトラック・プロデュースも手がけるピアニスト、Shimon Hoshinoによるユニット。

Lil' Leise But Gold

Lil’ Leise But Gold (リル・レイゼ・バット・ゴールド) 東京都出身のシンガーソングライター、ビートメイカー。 子供の頃に見た映画「天使にラブソングを 2」に出ていたLauryn Hillに影響を受け、活動をスタートさせる。 2019年にKMとのコラボシングル「(no)Reason」「24 rules」の二枚のシングルと、2020年に自曲のセルフリミックス「(no) Reason [bitter coco Remix]」をリリースし、東京のアンダーグラウンドシーンで注目を集めている。

Ettoman

オーストラリア、シドニー市の高校でヒップホップと出会い、その後独学でヒューマンビートボックスを始める。現在は日本へと拠点を移し、オセアニアやアジア、ヨーロッパで活動。2016年、「Japan Beatbox Championship 2016」優勝 (タッグチーム「iLLDEM」として)、2017年同大会ソロ優勝、世界大会「Beatbox Battle World Championship 2018」に出場。

Frank Renaissance