MANON (Music for the Contemporary Ballet Theatre)のジャケット写真

MANON (Music for the Contemporary Ballet Theatre)

-

小瀬村晶

MANON (Music for the Contemporary Ballet Theatre)

  1. Prologue
  2. Amiens
  3. Innocent Children
  4. Depth of Sorrow
  5. First Love (Light Dance)
  6. Alone for the First Time
  7. Invasion of the Dark
  8. Holy Place & Manon
  9. Promise
  10. Lies and Betrayal
  11. The Lines in Between
  12. Silence to Capture
  13. Walls of Uncertainty
  14. Love Theme
  15. Truthful Heart
  16. Playground of Justice
  17. Nightmare
  18. Manon Theme
  19. Vision of a Dream

キミホ・ハルバート 振付/ 演出によるダンス公演「MANON」(原作 :アベ・プレヴォー「マノン・レスコー」)劇伴を手掛けた小瀬村 晶によるオリジナル・サウンドトラック 。

18世紀フランスロマン主義文学の名作「マノン・レスコー」(アベ・プレヴォー原作) を、キミホ・ハルバート演出・振付によって現代にも重なるアレンジを施したダンス公演「MANON」。本公演の劇伴を担当した小瀬村晶による書き下ろし楽曲、2枚組全80分に及ぶ超大作のサウンドトラック。

風の様に天真爛漫で、終いには自分が巻き起こす竜巻に巻き込まれ死を迎えるマノンと、彼女との出会いから運命に翻弄されつつもマノンを愛し続けるデ・グリュー。二人の壮絶な恋愛劇を、時に美しく、時に儚く、そして時に残酷に、運命に翻弄 される二人の人生に呼応するように書き下ろされた音楽からは「生きることへの喜びと、生き抜くことへの困難さ」という、現代にも通じる普遍的なテーマへと重なっていく。

前作のオリジナル・アルバム「how my heart sings」は、自身のピアノ演奏に重きを置いた飾らない演奏によるシンプルで美しいピアノ・アルバムだったのに対して、今作では、演奏家に白澤 美佳(ヴァイオリン)、人見 遼(チェロ)、良原 リエ(アコーディオン)、三沢 泉(マリンバ・パーカッション)、高坂 宗輝(ギター)、荒木真(フルート)、Shaylee(ボーカル)を招き、様々な顔を持った楽曲アレンジを施している。さらには、ギミックの効いた電子音楽や、ノイズ・ミュージックなど、これまでの小瀬村晶作品では見受けられなかった作風も大胆に散りばめられており、オリジナル・アルバムとはまたひと味もふた味も違った、職人としての側面も垣間みれる充実の作品に仕上がった。舞台作品のサウンドトラックでありながら、一音楽作品として非常にエキサイティ ングな聴覚体験が続く全80分、19曲を完全収録。

過去ランクイン

MANON (Music for the Contemporary Ballet Theatre)

Apple Music • サウンドトラック トップアルバム • ブルガリア • 74位 • 2019年10月15日 Apple Music • サウンドトラック トップアルバム • 台湾 • 100位 • 2020年7月26日 Apple Music • サウンドトラック トップアルバム • 中国 • 149位 • 2020年4月21日

Innocent Children

iTunes Store • サウンドトラック トップソング • オーストリア • 13位 • 2019年8月20日 Apple Music • サウンドトラック トップソング • モンゴル • 82位 • 2020年2月7日

First Love (Light Dance)

iTunes Store • サウンドトラック トップソング • オランダ • 8位 • 2020年5月13日 iTunes Store • サウンドトラック トップソング • オーストラリア • 77位 • 2020年9月28日

Alone for the First Time

iTunes Store • サウンドトラック トップソング • フィンランド • 1位 • 2020年2月10日 iTunes Store • 総合 トップソング • フィンランド • 25位 • 2020年2月10日

Invasion of the Dark

Apple Music • サウンドトラック トップソング • モンゴル • 81位 • 2020年2月7日

Lies and Betrayal

Apple Music • サウンドトラック トップソング • モンゴル • 80位 • 2020年2月7日

Walls of Uncertainty

Apple Music • サウンドトラック トップソング • モンゴル • 89位 • 2020年2月15日

Manon Theme

iTunes Store • サウンドトラック トップソング • ベトナム • 4位 • 2019年8月2日 iTunes Store • 総合 トップソング • ベトナム • 27位 • 2019年8月2日 Apple Music • サウンドトラック トップソング • ウズベキスタン • 46位 • 2020年9月10日 Apple Music • サウンドトラック トップソング • ブルガリア • 69位 • 2019年10月14日

Vision of a Dream

Apple Music • サウンドトラック トップソング • モンゴル • 88位 • 2020年2月15日

小瀬村晶

1985年6月6日東京生まれ。在学中の2007年にソロ・アルバム「It’s On Everything」を豪レーベルより発表後、自身のレーベル「Schole Records」を設立。以降、ソロアルバムをコンスタントに発表しながら、映画やテレビドラマ、ゲーム、舞台、CM音楽の分野で活躍。主なスコア作品に、河瀨直美監督による長編映画「朝が来る」(カンヌ国際映画祭公式作品【CANNES 2020】選出)、ハリウッドで制作された海外ドラマ「Love Is__」、石田スイ全面プロデュースによる Nintendo Switch 用ゲームソフト「ジャックジャンヌ」、TBS系テレビドラマ「中学聖日記」、コンテンポラリーバレエ公演「MANON」、ミラノ万博・日本館展示作品などがあり、米Amazon オリジナル映画「ジョナス・ブラザーズ 復活への旅」や、フランス映画「Mais vous êtes fous(Losing It)」、東宝映画「思い、思われ、ふり、ふられ」でも楽曲が使用されている。近年は、国際的なブランドとのコラボレーションが多く、LA MER BLUE HEART や、LAND ROVER、L'OCCITANE への楽曲提供、米アーティスト Devendra Banhart との共作や、アパレルブランド TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. のピッティ・イマージネ・ウォモでのランウェイでの使用など、特定の枠に収まらない独自の活動を展開。また、Spotify が発表する「海外で最も再生された日本人アーティスト/楽曲 Top10」に2017年、2018年連続でランクインしたほか、米国メディア「Pitchfork」、豪州新聞紙「THE AGE」、フランス公共放送「FIP」、カナダ公共放送「Ici Musique」にてその才能を賞賛されるなど、国内外から注目される作曲家。

アーティストページへ

schole