カンタービレのジャケット写真

歌詞

カンタービレ

Qisano

怪物を尻目に僕らは破顔う

そうっと抜け出した真昼間の演奏会

幽体離脱は夢でした

だけど何度だって飛ぶんだ

然もありなんな理想郷でもいい

退屈な日々に憧れていた

理不尽じゃない雑踏なんて

見た事ないから

いつかの映画は泡でした

だけど消去したくないんだ

アイマスクしたって瞼に映すよ

よーいドンって合図が相次いで

条件反射で走ったくだり 嫌だ

逃避だって自分の脳が能動で選べば

後悔しても上手に食べれるかなあ

目一杯 加工しても

なだらかにならないと

やけに憂い的

習慣化されてしまった感情

淘汰して

どうかしちゃってもいいんだよ

境界線 今日からは全部 どっかいけ

視線は無視して

グッバイ バイスタンダー

最果てはずっとぼやけてるけど

無理して測ろうとしなくたって

有るから

‘またね’って言葉 尊いね

だから簡単に鳴らせなくて

ポッケの中で足踏み繰り返すよ

用意周到な理屈じゃ強張って

勝ち負けなんて求めてないのにさ

在り来りでもいいよ

コーティングされない方へ

この優柔不断だって椅子にして

精一杯 隠しても

溢れちゃう 心音が

生物学的論文も

敵わないスピードで解けていく

透過しちゃうような瞬きを

境界線 今日からは全部 とっぱらえ

君は僕だった

グッバイ バイスタンダー

まだ間に合うよね‥?

水分が随分 溜まって

心がパンクしそうな夕焼け

本当は足が竦む

損なの 生まれる前から でも

電波塔の上 よじ登って

ちゃんと弱点も叫びたいの

買いたての靴で走った日は

ちょっと痛いんだけど誇らしくて

頭撫でられ待ちの あの日の僕の

手を引いて連れ出そう!

目一杯 加工しても

なだらかにならないと

やけに憂い的

習慣化されてしまった感情

淘汰して

どうかしちゃってもいいんだよ

境界線 今日からは全部 どっかいけ

視線は無視して 歌うように

僕らまだまだ期待してみよう

空はどこまでも

グッバイ バイスタンダー

  • 作曲

    Qisano

  • 作詞

    Qisano

カンタービレのジャケット写真

Qisano の“カンタービレ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    カンタービレ

    Qisano

シンガーソングライター「Qisano」

過去プレイリストイン

カンタービレ

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2021年7月24日

アーティスト情報

Q-base

"