夜が明ければのジャケット写真

歌詞

夜が明ければ

ツキハムジヒナ

引きちぎったイヤホンの

左耳を運んでいったこの風が

いつの日か君の頬を

撫でる時は来るのだろうか

煙草の火を消すように 街の灯りが落ちていく

漂ってる訳でもなくただ酔ってるだけの

ヒビだらけの日々

咲き方を忘れたあの花のように

また僕らは街の底 裸足のまま駆け出すのさ

月明かりが照らす街を抜けて

ここではないどこかへ

煙草に火をつけるように夜の街が色付いていく

漂っている訳でもなく ただ酔っているだけの

ヒビだらけの日々 意味の無い日々に

咲き方を忘れたあの花のように

また僕らは街の底 裸足のまま駆け出すのさ

月明かりが照らす街を抜けて

ここではないどこかへ いま風を連れて

ねえ 煙草の火を消すように

街の灯りは落ちていく

ねえ 煙草に火をつけるように

夜の街は色づいていく

  • 作曲

    ツキハムジヒナ

  • 作詞

    ツキハムジヒナ

夜が明ければのジャケット写真

ツキハムジヒナ の“夜が明ければ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ツキハムジヒナ

    あなたに寄り添う、激情系ロックバンド。 各メンバーが見聞きし吸収してきた様々な音楽・ジャンル・言葉達を昇華させ生まれた、静と動・激情と哀を持ち合わせた無二のサウンドは独自の世界観を創り出す。「生」に入り混じる喜怒哀楽・羨望・焦燥・希死念慮など様々な感情を、あなたのために、そしてあなたの代わりに歌い、叫ぶ。またその楽曲を際立てる感情的なライブパフォーマンスを持ち味としている。

    アーティストページへ

"