ラヴのジャケット写真

歌詞

リアルにぶっとばす

ピノキオピー

これ以上 近寄んないでよ

敵認定だ あっちいけよ

でも あの頃は好きだったよ

今日で さよなら自己愛のデーモン

好き放題 砲弾ぶっこみたい

めんどくさい

あんたに言っときたい

ゲームじゃない フェイクじゃない

そう リアルにぶっとばす

虚勢を張ったミスマッチコーデ

愛憎のロケットランチャーで

だんだんだんだん

だんだんとロンリー

もっと遠くへ

着火!

君をとりまく不幸を

幾星霜の試練を

薄っぺらい冷笑を

はっ倒すディストーション

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

リアルにぶっとばす

※くらいのイメージです

世界 対 自分じゃない

自分 対 自分の戦争だよ

キッツイねえ…

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

君の息の根を続かせるために

おためごかしの通せんぼ

与太話はお馬鹿専用

冷めすぎて息が白いのよ

寒空の下で決めたテイクオフ

好き放題 砲弾ぶっこみたい

めんどくさい

あんたに言っときたい

ゲームじゃない フェイクじゃない

そう リアルにぶっとばす

空気をぶっ壊すペースメイカー

常習のマウントばっかで

たんたんたんたん

淡々と もういい

ほっといてくれ

爆破!

凝り固まった思考を

謝らない粗相を

返事のない偽装を

暴き出すデセプション

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

リアルにぶっとばす

※個人の意見です

叶わない理想じゃない

お前のアンテナ錆びてんだよ

もういいぜ

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

未来を見てる君と歩くために

アテンションプリーズ

エマージェンシーサインさえ無関心

めらりと導火線に火が付いた

この関係終わりにしましょう

バイバイ

着火!

君をとりまく不幸を

幾星霜の試練を

薄っぺらい冷笑を

はっ倒すディストーション

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

リアルにぶっとばす(ドッカーン)

リアルにぶっとばす

行こう新天地へ

世界 対 自分じゃない

自分 対 自分の

歴史に残らない 小規模な戦争だよ

今までありがとう

もう二度と会えなくても いいぜ

本当の自分を取り戻すために

今日で さよなら自己愛のデーモン

  • 作曲

    ピノキオピー

  • 作詞

    ピノキオピー

ラヴのジャケット写真

ピノキオピー の“リアルにぶっとばす”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

ラヴ

ピノキオピー

  • 1

    ラヴィット

    ピノキオピー

  • 2

    アルティメットセンパイ

    ピノキオピー

  • 3

    ねぇねぇねぇ。

    ピノキオピー

  • 4

    シークレットひみつ

    ピノキオピー

  • 5

    恋の恋による恋のための恋

    ピノキオピー

  • ⚫︎

    リアルにぶっとばす

    ピノキオピー

  • 7

    404

    ピノキオピー

  • 8

    変な愛にだまされないで (LOVE ver)

    ピノキオピー

  • 9

    ノンブレス・オブリージュ

    ピノキオピー

  • 10

    LOVE

    ピノキオピー

  • 11

    セカイはまだ始まってすらいない (LOVE remix)

    ピノキオピー

  • 12

    愛されなくても君がいる (LOVE remix)

    ピノキオピー

「それでも、愛。」
まっすぐな愛、いびつな愛、ありふれた愛。
5thアルバムとなる本作『ラヴ』は、人類愛などマクロな視点から「愛」を描くことが多かったピノキオピーが、
息苦しいまでの「正しさ」で溢れ、分断が加速する社会の中で日々生まれる、さまざまな「愛」に焦点を当てた意欲作。
前作『零号』の艶のあるエレクトロサウンドを更に深化させ、余計な情報を削ぎ落とした、
ビートの輪郭が際立つメロディアスかつソリッドな作品に仕上がっている。

TikTokで2億回以上再生されている「推し」への恋心を描いた『ラヴィット』、
不器用な自己愛を綴った『アルティメットセンパイ』など、
正解のない感情を肯定するでも否定するでもなく、ピノキオピーは、確かにそこに存在する「愛」を謡う。
収録楽曲は、動画共有サイトへ投稿した人気楽曲を含む12曲入り。公開動画の累計再生回数は1,800万回を超えている(2021年5月現在)。

ころんへの提供楽曲『404』、スマホゲーム「#コンパス戦闘摂理解析システム」
書き下ろし楽曲『リアルにぶっとばす』に加え、スマホゲーム「プロジェクトセカイ」書き下ろし楽曲『セカイはまだ始まってすらいない』、
マジカルミライ2020テーマソング『愛されなくても君がいる』のセルフリミックスver.を収録。
ジャケットイラストレーションはピノキオピー自身が手掛けている。

過去ランキング

リアルにぶっとばす

iTunes Store • エレクトロニック トップソング • タイ • 6位 • 2021年9月28日 Apple Music • エレクトロニック トップソング • ペルー • 59位 • 2021年8月13日 iTunes Store • エレクトロニック トップソング • 日本 • 68位 • 2021年8月13日 Apple Music • エレクトロニック トップソング • 日本 • 158位 • 2021年8月17日

アーティスト情報

  • ピノキオピー

    2009年に動画共有サイトにてボーカロイドを用いた楽曲を発表し、ピノキオピーとして活動開始。 以降も精力的にオリジナル楽曲を発表しつつ、イラストやMVの制作、他アーティストへの楽曲提供など多方面で活動している。 ライブでは電子と肉体の共演・融合を基軸に、ドラムとスクラッチ&サンプラーをサポートメンバーに加えたバンドセットでのパフォーマンスを行っている。

    アーティストページへ

mui

"