綺譚のジャケット写真

歌詞

嗚呼惜春

長谷川万大

夢から醒めればまたひとり

あの日の歌を

口ずさみながら 出掛けていこう

夢を語り合えば やがて朝に

思い返せば ただ愛しくて

道のかたわらに 見つけた花

あの日の僕のよに ただひたむきに

花は散るためには咲かない

散るその日まで

ちいさなしあわせ だれかのために

夢から醒めればひとり旅

あの日の歌を

口ずさみながら 出掛けていこう

  • 作曲

    長谷川万大

  • 作詞

    長谷川万大

綺譚のジャケット写真

長谷川万大 の“嗚呼惜春”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

昭和の遺産を歌い継ぐシンガーソングライター・長谷川万大3枚目のオリジナルアルバム。「綺譚」とは”美しい物語”のこと。誰しも不幸をかくしもちながら、うまく生きている。そんな人生の様々なシーンを切り取った10曲で構成した1枚です。

アーティスト情報

  • 長谷川万大

    昭和70年生まれ。シンガーソングライター、令和歌謡シンガー。 「昭和の遺産を歌い継ぐ」をテーマに、九州・福岡を拠点としてステージ活動を展開。これまでに全国ネットのTV出演やCM、一日警察署長などを務め、オリジナルアルバム3枚を発表。2020年に活動開始10周年を迎えた。

    アーティストページへ

Team HASEGAWA Records

"