Roll On Charles Street - Prince Buster Ska Selectionのジャケット写真

Roll On Charles Street - Prince Buster Ska Selection

-

Various Artists

Roll On Charles Street - Prince Buster Ska Selection

  1. Pink Night
  2. Hey Train
  3. Roll On Charles Street
  4. Raining Outside
  5. Almost Like Being In Love
  6. High Blood Pressure
  7. Raindrops Falling
  8. Stir The Pot
  9. Stop That Train
  10. Islam
  11. Charles Street Cowboy
  12. Prince Of Peace
  13. Rude Rude Rudie (Don’t Throw Stones)
  14. Sudden Attack
  15. Vietnam
  16. I Won’t Let You Cry
  17. Only Soul Can Tell
  18. I’m Sorry
  19. Summer Time
  20. Sunshine With My Girl

ルードボーイに捧ぐ
ロッカシャッカ渾身のコンピレーションにして
プリンス・バスターのスピリットが冴え渡るキラー・スカ・セレクション。
世界初音源化を多数収録!


UK年間ベストレゲエアルバムに選ばれ、世界中のコレクターから賞賛されたロックステディ集「Let’s Go To The Dance」に続き、
キラースカをコンパイルした究極のプリンス・バスター・セレクション。
デューク・エリントンの「A列車で行こう」を疾走感溢れるスカにアレンジした「Hey Train」は、当時バスターのサウンドマンにだけ手渡されたダブプレートとして有名。コレクターであればいつか手に入れたいと思っていた幻の一曲。
バスターの代表曲であり、ルードボーイ・チューンの最高傑作とも言える「Don’t Throw Stones」、そして同時期の録音と思われるマイナートーンの流麗かつキラーな「Roland Alphonso - Roll On Charles Street」は、某イギリスのサウンドマンが秘蔵していたスペシャル。
キース&テックスのカバーにより大ヒットしたジャマイカンスタンダードのオリジナルテイク「Stop That Train - Spanish Town SkaBeats」は、バスタープロダクションの真髄とも言えるキラーボーカルスカにして、アルバム初収録。
そのほか、ブラックモスリム、黒人解放運動の盟友モハメド・アリに捧げられた「Prince Of Peace」の別テイクやドン・ドラモンドの未発表曲等、世界初の音源化を多数収録した、ロッカシャッカ渾身の作品にして、プリンス・バスターのスピリットが冴え渡る最高のスカ・セレクション。

Rocka Shacka LLC