dialogueのジャケット写真

dialogue

髙野雅絵

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

札幌を中心に道内外で演奏活動を行なうヴォーカリスト髙野雅絵。
2020年・2021年町田音楽工房に於ける録り下ろし作品集[dialogue]。

<参加アーティスト>
町田拓哉:ギター(T1-6)
// Guest //
菅原昇司:トロンボーン(T2)
古舘賢治:ギター(T6)

アーティスト情報

  • 髙野雅絵

    札幌市出身。大阪大学理学部卒業。 1999年大学入学と同時に音楽活動を開始、イベント出演や自主公演の企画・演奏を通し京阪神エリアにまたがり研鑽を積む。 現在は札幌在住。主にジャズのフィールドで道内外の演奏家と精力的に演奏活動を行う他、武満徹作品をはじめとする日本語の豊かな響き・色合いを大切にしたレパートリーを数多く持つなど多彩な活動を重ねている。ヴォーカルを山内まり氏に師事。 主な共演者に、米木康志(ベース)大口純一郎(ピアノ)大石学(ピアノ)瀬尾高志(ベース)PORTA CHIUSA(欧州クラリネット三重奏グループ)の各氏等。ジャズ批評206号(2018年10月24日発売)連載「北都市の猫たち The CATS in North City」に取り上げられる。 2013年6月にミニアルバム”BRIDGES”を発表。2018年10月にフルアルバム”Sky and Sea”を発表。2021年、初のサブスクリプションシングル「珈琲と夜」、アルバム「dialouge」リリース。

    アーティストページへ