のジャケット写真

Spring Field EP

  1. spring field
  2. curry
  3. with you
  4. el camino
  5. departure

2014年1月、遂にデビュー以来初となるライブを敢行し、満員御礼の会場に音と光のユートピアを具現化してみせたSerph。4月には投げ銭制と言うスタイルでミニアルバム『Event Horizon』を発表、更に別名義Reliqでの2ndアルバム『Metatropics』も同時リリースするなど、相変わらず恐ろしいほどの創作意欲で日々新たな音楽を生み出し続ける彼が、次なる一手となるミニアルバム『Spring Field EP』を配信限定にてリリースします。

某企業のTVCM用に書き下ろされた、ポジティブな高揚感に溢れる表題曲「spring field」と、その元曲であり、nobleレーベル10周年記念コンピ『Invisible Folklore』の冒頭を飾った「departure」。シタールの音色が印象的なエキゾチック・ブレイクビーツ「curry」。ヴォイス・サンプルとピアノが絡む美しいダウンテンポから後半部分への展開も見事な「with you」。スペイン語で「巡礼路」を意味する、どこか神秘的な緊張感に包まれた「el camino」。Serph曰く「幻想世界の旅行者のためのバーチャルガイド、守護天使をイメージした」珠玉の楽曲が並ぶ、全5曲入りのミニアルバムです。

聖ヤコブのホタテ貝のように、幻想世界を巡るシンボルとして、旅先でのBGMとして、Serphの新作『Spring Field EP』をどうぞご堪能ください。

Serph

東京在住の男性によるソロ・プロジェクト。 2009年7月にピアノと作曲を始めてわずか3年で完成させたアルバム『accidental tourist』を発表。以降、コンスタントに作品をリリースしている。 2014年1月には、自身初となるライブ・パフォーマンスを満員御礼のリキッドルームにて単独公演で開催した。 2016年7月には、自身の代表曲をアップデートさせたベスト盤『PLUS ULTRA』を発売。 2018年4月には、自身2度目となる4年ぶりのライブ・パフォーマンスを再びリキッドルームにて単独公演で行い、見事に成功させた。 より先鋭的でダンスミュージックに特化した別プロジェクトReliqや、ボーカリストNozomiとのユニットN-qiaのトラックメーカーとしても活動している。 自身の作品以外にも、他アーティストのリミックスやトラックメイキング、CMやWEB広告の音楽、連続ドラマの劇伴、プラネタリウム作品の音楽なども手掛ける。

アーティストページへ

noble