GGGGGG (feat. JIROW WONDA) のジャケット写真

GGGGGG (feat. JIROW WONDA)

  1. GGGGGG (feat. JIROW WONDA)

日本全国から才能溢れるラッパーを集め、UMBがお届けするコンピレーションシリーズ『UMBC』が、今年も帰ってきた! シーズン2の幕開けを飾るのは、ともに石川・金沢を拠点に活動する、addginjahzz(アドジンジャーズ)とJIROW WONDA(ジローワンダ)による「GGGGGG」だ。
 UMBの石川代表に5度輝いているJony the sonataとMilkyheadone、DJ Kentarouの3人からなるaddginjahzzは、2014年リリースの『add files vol.1』から昨年末リリースの最新作『10PAC』まで6枚の作品(アルバム/EP)をbandcampにてデジタルリリースし、さらに2016年には初のフィジカルリリース作品『better than today』を発表。一方、JIROW WONDAはMAS名義でライヴ活動や作品のリリースを重ねた後に、2017年、abemaTV『ラップスタア誕生』への出演を機に改名。JIROW WONDA名義でリリースした2枚のEP『JIROW WONDA EP』、『JIROW WONDA EP2』にJony the sonataがフィーチャリングゲストとして参加するなど、金沢シーンを代表するアーティストとしてタイトな関係を築いている。
 今回の「GGGGGG」のプロデュースを手がけるのは、今シーズンも『UMBC』のメインプロデューサーを務める、ご存知、日本を代表するヒップホッププロデューサーの一人、I-DeAだ。昨年の『UMBC』でも様々なスタイルのトラックを繰り出し、その引き出しの多彩さに驚かされたが、今回はトラップのテイストも少々散りばめながら、I-DeAならではの独自のグルーヴを展開。addginjahzzとJIROW WONDAによる異なる個性のフロウがトラックの上で流れるように交差し、オートチューンも程良いスパイスとなって、心地良いマイクリレーが繰り広げられる。春の訪れも感じさせる、『UMBC』新シリーズの開幕を飾るに相応しいこの一曲をぜひチェックして欲しい。

addginjahzz

石川金沢を拠点に生活しているJony the sonata、milkyheadone、DJ Kentarouの3人で形成。 主にmilkyは早朝からストロングをキメ、JTSはデカいケツを好み、Kentarouはモテる。 これまでにbandcampに6つの作品とストリート盤『better than today』、色々な客演等、活動中。

アーティストページへ

Libra Records