Lightのジャケット写真

歌詞

Light

SYZ

新しい季節の中でも

あの日の君の涙がまた思い浮かぶんだ

茜色の空 手を繋いだ僕らは何も疑わなくて

並んで歩いた帰り道 ふと君の事を探しているよ

重ねた気がしてた何かは

いつの間にか空に浮かび上がり

光って消えた

離れて遠ざかる君に 手を伸ばすけど

今はまだ追いつけないよ

夜が明けて また空を見上げられたら

何かがまた見つかるだろうか

風が吹き抜けて ふと何かを忘れかけてた気がしたんだ

淡く光っていた君の瞳に映る世界は眩しかった

言葉を紡いで音に乗せ

君に向けて歌う 僕の想い

どうか伝われ

「一番星よ、瞬いて」そう願う夜

君のことを思い出す

触れた君の優しさや手の温もりは

胸の中にしまっておこう

離れて遠ざかる君に 手を伸ばすけど

今はまだ追いつけないよ

触れた君の優しさや手の温もりは

胸の中にしまっておこう

  • 作曲

    SYZ

  • 作詞

    SYZ

Lightのジャケット写真

SYZ の“Light”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    Light

    SYZ

『Light』

Music&words:SYZ

アーティスト情報

"