Arboresのジャケット写真

歌詞

Whoever's Been Gone Is (feat. Shaohei)

thommofonia

In the place

Where the chance told

Trail infinite words

Now, I’ll break free

From a hurry, from a phobia

Forests’ stir

That gathered knells

Was the air that tempts wills

For us, stars

Are infinitely beautiful

‘Cause we can never figure out

I just wanna go home

Nothing remains

All we’ve ever done

All we’ve never done

Will be tied, be gone

And, you said

Why was there nothing else

To be handed down?

Only your breath is left

Say, why are you here?

“To see beauties.”

If my wish comes true

May souls who won’t hurt

Dwell in everyone

Dwell in everything

O Lords

I might have been waiting

Just for this moment

O Lords

You embrace all mistakes

And never show it again

I just wanna go home

Nothing remains

All we’ve ever done

All we’ve never done

Will be tied, be gone

And, you said

Why was there nothing else

To be handed down?

Only your breath is left

I just wanna go home

I just wanna go home

Slowly

Wanna go home

I just wanna go home

Slowly…

  • 作曲

    赤松 知弥

  • 作詞

    赤松 知弥

Arboresのジャケット写真

thommofonia の“Whoever's Been Gone Is (feat. Shaohei)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

原初の在り様、かつての楽園の姿。でも、いまはもう灰の中の燠のような記憶。時を経て僕のうちに結晶化してゆく音楽への感性が、いつしか僕に、そんな燻る記憶の存在を仄めかすようになった。

それは時として回想のように、あるいは微かな閃光のように、全てがひとつであった状態を垣間見せる。仮にそれが原初の光の弱々しい反映にすぎないのだとしても、この回想をとどめ得ることこそが、創作行為において、奇蹟とも呼び得るできごとなのかもしれない。

命に刻まれた遥かなるあの場所へ。僕らなりのやり方で、現在のこの在り様の中で、いま一度そこへ到り着くために。どれほど微かであったとしても、希望はやがて来たる時間の中にあり、音楽こそが、これまでもこれからも、真に人類を明るい場所へ導く存在なのだと。1stアルバム『arbores』には、そんな僕の想いが綴られている。

"