トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

日本のHIP HOPシーンNEW ERA代表、最強双子MCs “2WIN”の待望の1st. アルバム「BORN TO WIN」が、ついに配信スタート!

現在ランキング

BORN TO WIN

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 142位

現在プレイリストイン

Fire Burn

Apple Music • エクササイズ:J-ヒップホップ

過去ランキング

Do It Like Me

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 163位 • 2020年4月13日

Love Or Die Remix

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 176位 • 2019年10月15日

Pain Away

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 114位 • 2019年8月30日

アーティスト情報

  • 2WIN

    2006年 10歳の時にZeebraの4th ALBUM 「THE NEW BEGINNING」を聴きHIPHOPと出会い、2010年14歳の時にリリックを書き始め、翌年地元川崎の仲間達で2人を中心にクルー(BAD HOP)を作る。 2012年7月 BSスカパー241ch BAZOOKA!!! の「第1回高校生RAP選手権」にT-PABLOW(ex. K-九)とYZERR (ex. DIABLO)として出場しT-PABLOWが優勝する。 その後、地元のストリートとの関係を断ち切るべく1年間もの間地元を離れHIPHOPからも離れ日本全国を旅し聖地NYへと渡るがHIPHOPへの熱い気持ちを抑えられない事を再確認する。 2013年日本に帰国後、幼なじみの死をきっかけに地元川崎へと戻り「第4回高校生RAP選手権」出場の決意を固め1年 以上のブランクを乗り越えT-PABLOWが見事2回目の優勝を手にする。 2014年3月25日にはBAD HOP Recordsよりコンピレーションアルバム”BAD HOP ERA”をT- PABLOWプロデュースにより自主制作、販売し好評を得る。3日後の「第5回高校生RAP選手権」にはT-PABLOW、YZERRともに出場しYZERRが初優勝を飾り双子でチャンピオンという偉業を達成する。 今春からはZeebraが立ち上げた新レーベル(GRAND MASTER)との契約を交わしリリースに向けZeebraプロデュースの元、制作活動を開始する。今後は最もシーンの注目を集める存在であり、これからの日本のHIPHOPシーンを背負うべく2人の若き才能から目が離せない。

    アーティストページへ

GRAND MASTER