トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

自分であり続けるために描いた“僕のピース” 音楽と共に歩んできた飾らない自分を唄う、平岡優也の原点が完成!
20代である彼がこれまでの人生を“20s”というタイトルに込め、その歩みの中で等身大の自分を受け入れるこ とで生まれた感情を描いた”軌跡”のアルバム。「誰かのために曲を書いているということではなく、自分のために書いていることが他の誰かにも共感してもらえる。自分と似ているところが誰にでもあるから結果とし て、それが誰かに届いている」と。楽しさだけでなく、弱さや醜さとも向き合うことで紡いだ楽曲は、大げさに表現するようなことなく、感じるままに自然と出てきた言葉で綴られている。まさに平岡優也のピース そのものである。自分らしさ以外の何物でもない、素直な感情が込められた集大成のアルバム。

過去ランキング

20s

iTunes Store • J-Pop トップアルバム • 日本 • 36位 • 2021年10月20日 iTunes Store • 総合 トップアルバム • 日本 • 78位 • 2021年10月20日

過去プレイリストイン

アマノガワ鉄道

Spotify • tuneTracks Weekly • 2021年10月23日

アーティスト情報

  • 平岡優也

    シンガーソングライター 1992.10.17 秋田県出身 19歳で音楽に心を奪われ秋田県より上京。20歳からピアノを始め、全国各地の路上で弾き語りによるストリートライブを続けている。 通りがかりの人たちによって、そのストリートライブの様子が撮影され、YOUTUBEなどにアップされると、その内のひとつの動画が瞬く間に900万回再生に到達。その純粋なキャラクターにシンクロする澄んだ歌声が『通行人が足を止める歌声』と話題に。その評判から、地上波などメディア出演オファーなども集まり、現在注目すべき若手シンガーの一人にラインナップされる存在となった。 さらに、その人気は海外にも飛び火。アジア圏各地でも、様々な動画サイトに彼のLIVE動画は自然発生的に次々とアップされ、それらの再生数は累積4000万を超え現在も大きく伸び続け、日本発のグローバルアーティストとしても期待も寄せられている。 2019年2月には、中野ZEROホールにて3rdワンマンとなる初ホールライブを成功させ、2019年7月に、初の配信シングルとなる「1,000,000」(読み:ミリオン)をリリース。そして2020年、6月は「ガラスヒーロー」「アマノガワ鉄道」、10月には路上ライブでも人気の「僕が君を選んだ理由」をリリース。 インターネットと路上のリアル、その両極の場をへだてることなく活躍する彼から今後も目を離せない。

    アーティストページへ

halu records