トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

日本人ボサノヴァ・ボーカリストの池尻範子が作詞作曲し、ブラジル人ギタリストでコンポーザーのマルセロ木村をプロデュースに迎えて制作した作品。
日本の春の美しい景色と、出会いに焦がれる気分を、ボサノヴァのメロディとリズム、ファンタジックな歌詞で描いている。
参加メンバーは、池尻範子(Vocal)、マルセロ木村(Guitar)、コモブチキイチロウ(Bass)、斉藤良(Drums)。

アーティスト情報

  • 池尻 範子

    横浜市在住のボサノヴァ歌手、ギタリスト、シンガーソングライター。 優しく伸びやかな歌声と安定感のあるギターのサウンド、ファンタジックな世界観を持つオリジナル曲に定評がある。 東京や神奈川のライブハウスでの演奏、ホテルのラウンジでの演奏、各種パーティやイベントでの演奏を行っている。 また、自身の教室やカルチャーセンターでの指導も行い、ボサノヴァを広める活動にも積極的に取り組んでいる。 幼少期よりピアノを通してクラシック音楽に親しむ。 中学・高校時代は、オーケストラ部に所属しバイオリンを担当。クラシック音楽やジャズの他、坂本龍一・矢野顕子に多大な影響を受ける。 心理学を志し早稲田大学第一文学部に入学。大学在学中、坂本龍一の「A・C・ジョビンのような音楽が作れたら本望」という言葉をきっかけにジョビンのアルバム「WAVE」を手にとり、ボサノヴァと出会う。 大学卒業後、金融機関のSEとして勤務していた2004年、奥田民生の広島市民球場でのライブ、ジョアン・ジルベルトの日本講演という2本の弾き語りライブを目の当たりにし、弾き語りに魅せられる。 2005年、ボサノヴァ奏者の山本のりこ氏に師事し、歌とギターによる演奏を開始。 現在までに山本のりこ氏、加々美淳氏、ヴィウマ・ヂ・オリヴェイラ氏、マルセロ木村氏に師事。

    アーティストページへ


    池尻 範子の他のリリース