AMAGING GRACE

  1. AMAGING GRACE

この曲は250年前にイギリスのジョン・ニュートンにより作曲されました。アイルランドやスコットランドの民謡の掛け合わせと所説ありますが、奴隷商船が仕事場だったジョンは、ある時大きな嵐に遭遇しながらも奇跡的に生還したことをきっかけに、牧師となって作ったとされます。さらにGensblueによりアイルランド民謡 ”The Water is Wide”の一節がイントロに加えられ、1本のウクレレから想像もつかない様な心揺さぶる1曲に仕上げられました。

Gensblue

幼少よりクラシックギターを故奥田紘正氏に師事。ニューヨークアクターズスクール系のゼンヒラノ氏に演技法を師事。 1年間の山篭りの後、劇団ヘマタイトの役者として10年間舞台に立つ。 その後、ブラジルでギター修行。帰国後ウクレレという楽器の可能性に目覚め、独自の演奏法を確立。 以降精力的にライブ活動を展開、現在に至る。繊細さと豪快さを併せ持つ演奏には定評がある。国内外でのビッグフェスティバル等での演奏活動、舞台音楽の作曲演奏、アーティストのプロデュース、葉山鎌倉での音楽教室、テレビラジオ出演多数。

アーティストページへ

スタジオ・スチイムエンジン エンターテインメント