神奏曲:インフェルノのジャケット写真

歌詞

神奏曲:インフェルノ

神使轟く、激情の如く。

Spark! Blaze! Burn! Never chill ever!

So feel the VIP DOGs な people

連打いらん One shot で Killer

【ONE】怒る angry GOD

【TWO】祈れ Fan 諸君

【THREE】来たる Last choice

Burn to be

争奪に酩酊 世祭りに憂いて

暴走 抑え効かないブレーキ 夜を切り裂き 火を噴くエンジン

期待してるだけランデブー

ミラクルロマンス待ちぼうけ

チェックでワンツー

イかれたセンス

懲りない Fall in night 鳴り止まない

Burn up 冷めた群れを溶かし 熱を吹き返してみせるから

0から作りあげた違い 上辺テクニックだけじゃ奪えない

Shout loud Shout loud 欲に塗れて

Shout loud Shout loud 灰へと落ちる

既に重態 故に救済 音と言葉こそがバイブルだ いいかい?

1回きりさ 適当なライフは意味ない

もしもこの命が残りわずかだったとして

この場所に立つ事を選ぶだろう

戻る気は無い ましてキープも無い

余らせるくらいなら灰も残らぬほどに 燃やしきりたいんだよ

デンプシロール!

オラオラオラオラ無駄無駄無駄無駄!!!!

Burn up 冷めた群れを溶かし 熱を吹き返してみせるから

システムで完成のスタイル 上辺のスキルだけじゃ喰らわない

Shout loud Shout loud 欲に塗れて

Shout loud Shout loud 灰へと落ちる

Fire soul Lose controle

ギラギラギラギラギラギラしてたい永遠Teen-ager

絶はStop!

Bang Boogie なゾーン

カオスとハウスが入り乱れた空間をどうぞ

チッチッチッチッ火がつく音聞こえたろほら Clash melow hold up

嘘 演じるステージは つまんない

どうせやるなら本音で行こうぜ

自信なんて後から

人と比べてしか存在と価値を見出せない

でもあなた自身の前例なんて無いだろ

あなた以外 他にいない自分の明日を信じ進んで行けるのは自分自身なんだよ

いつかこの身が朽ち果てる時

この日々こそが走馬灯

瞬く若さの全てを注いだ生きた証を

もしもこの命が残りわずかだったとして

この場所に立つ事を選ぶだろう

戻る気は無い ましてキープも無い

余らせるくらいなら灰も残らぬほどに 燃やしきりたいんだよ

もしもこのステージが生涯最後だったとして

悔いは無いと言えるように歌おう

何も無い場所 踏み込む一歩 君が重ねた分の足跡

全て噛み締めこの身さえ焦がす情熱を

  • 作曲

    MTR

  • 作詞

    生牡蠣 いもこ

神奏曲:インフェルノのジャケット写真

神使轟く、激情の如く。 の“神奏曲:インフェルノ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

神奏曲:インフェルノ

神使轟く、激情の如く。

  • ⚫︎

    神奏曲:インフェルノ

    神使轟く、激情の如く。

過去ランキング

神奏曲:インフェルノ

iTunes Store • ロック トップソング • ポルトガル • 2位 • 2021年10月30日 iTunes Store • ロック トップソング • タイ • 19位 • 2021年9月23日 iTunes Store • ロック トップソング • 日本 • 30位 • 2021年7月30日 iTunes Store • 総合 トップソング • ポルトガル • 53位 • 2021年10月30日

過去プレイリストイン

神奏曲:インフェルノ

Spotify • tuneTracks Weekly • 2021年7月31日

アーティスト情報

  • 神使轟く、激情の如く。

    2017年9月30日結成。 Clean×3・Rap・Scream・Shoutの6人ボーカル+マニピュレーター7人編成で、アイドルにもバンドにもDJにも無い新しいアーティストスタイルでのパフォーマンスを展開するバンドユニット。 名実ともに、アーティストとしての存在感をまとい始め、来たる2022年3月30日に日本武道館ワンマンライブが決定している。 音楽性はメタルコアと転調やテンポチェンジを軸に、ラップ・ジャズ・EDMなど先の読めない構成とサウンドを展開しており、サビではどんな超展開の後でもキャッチーでエモいメロディを歌い上げる。更にライブはマニピュレーターが32パラアウトデータのサウンドシステムに、リズムマシーンやギター等の演奏をリアルタイムで演出する。 結成3年にして、Zepp DiverCityや豊洲Pitといった大箱でのワンマンライブを大成功させており、現在はワンマンツアーやバンド対バンが中心。対バン出演者は、a crowd of rebellion・ヒステリックパニック・Ailiph Doepa・AIR SWELL・バックドロップシンデレラなど錚々たるバンドが名を連ねている。 その音楽性やパフォーマンスは昨今のバンドシーンで非常に高い評価を得ており、SILENT SIREN・SHANK・ミオヤマザキ・魔法少女になり隊 など、日本のバンドシーンを牽引するアーティストと対談も行われている。 ライブ活動以外にも、ヤングジャンプ表紙や有吉反省会・ダウンタウンDXなどキー局番組に多数出演する他、「全力!脱力タイムス」や「お願い!ランキング」のテーマソングを担当、ニッポン放送にて特番も放送された。 芸能界からも指原莉乃に気になったグループとして名前を挙げられる他、お笑いコンビオードリーの春日は自身のラジオ番組オールナイトニッポンで神激のファンを公言、ライブにも足を運んでいただいている。

    アーティストページへ

KABUKIMONO'DOGs

"