水葬のジャケット写真

歌詞

深海の風 (feat. 海月)

Peno

ずっと前からわかっていた

ここに季節は届かない

君の報せを待つ

途方に暮れた夏

ただの音になって

壊れて朽ちていく

叶うことない夢を見る

少年のままで

走り出す、走り去る

僕のことを忘れて

風が吹く、目を擦る

泡と波を見上げて

暮らしのなかで気付いていた

ここに歴史は残らない

君の名前を呼ぶ

声が残した夜

光はどこかで

途切れていた

何も知らず泣き喚く

少年のままで

走り出す、走り去る

僕のことを忘れて

風が吹く、目を擦る

泡と波を見上げて

立ちつくす、立ちすくむ

君の影を探して

追いかける、追い立てる

いつか出会う誰かを

  • 作曲

    Peno

  • 作詞

    Peno

水葬のジャケット写真

Peno の“深海の風 (feat. 海月)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

海を舞台に「叶わない夢」をテーマに描いた作品。
ボーカルに海月をフィーチャーし、アートワークはヨウが手がけた。

アーティスト情報

  • Peno

    12歳からギターを演奏し、中学高校時代はアマチュアでバンド活動をしていた。 2016年より、Peno名義での活動を開始。SoundCloud上でFuture Bassというクラブミュー ジックのジャンルでオリジナル曲やアニソンRemixを公開していく。2018年に 「KOTONOHOUSE & Yunomi - マシュマロ・マキアート feat.くいしんぼあかちゃん (Peno Remix) 」を公開したことをきっかけに、Yunomi(敬称略)が主催する未来茶レコードとRK Music による、Vtuberコンピレーションアルバムに参加。そこでアレンジを手がけたドーラと緑仙の歌 う「Shangri-La」はiTunesエレクトロニックチャートで1位を獲得した。 Penoとしての活動を始める以前は映像制作系の会社へイベントやCM用の楽曲を提供。そこでは 主にギター演奏やオーケストラの作編曲を手がけていた。

    アーティストページへ


    Penoの他のリリース
  • 海月

"