愛について考えてたら天使にぶん殴られた件についてのジャケット写真

歌詞

ウサギの街

ハイエナカー

氷の靴も溶けたつもりで

裸足で向かっていたよ

全然ロマンなくてごめんね

自分だけ愛して

夏も終わりだ

キミは今頃

誰かの天使だろう

思い出したら眠くなるから

恋は捗らないのです

ウサギの街で一等勝

得意になった根性論

どこまででも追いかけて

低温火傷してるよ

リモコンはもう効かないよ

電池切れしたのにちょっと

回して延長しているだけ

鍵をかけたり、開けたりするの

つい覗いてしまうよ

全然気にしてないけど

やっぱり嘘、気にしてる

夢の街を抜け出して

愛について考える

答えが出そうになったのが怖くなっただけかも

何事もなかったような顔して

また戻るから きっとまた繰り返しちゃうね、、

もしもしノロマな亀さんよ追い越される運命ならスーパーカーにでも乗って

ど派手に追い越しておくれ

どうしようもなく寂しがりな自分を

  • 作曲

    Minato Murase

  • 作詞

    Minato Murase

愛について考えてたら天使にぶん殴られた件についてのジャケット写真

ハイエナカー の“ウサギの街”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ハイエナカー

    1994年生まれ 東京出身 身長153cm 2017年に元ヘンリーヘンリーズの村瀬みなとのソロプロジェクトとして始動。​ ​ サポートメンバーを迎え都内のライブハウスを中心にバンド編成で活動中。 ​ ​飾らない言葉と普遍的なメロディーをハスキーなハイトーンボイスで歌い上げる。 ​ 全てのレコーディング&ミックスを自身で手掛け、ライブのみならず音源も大きな表現のひとつとなっている。

    アーティストページへ


    ハイエナカーの他のリリース

unazukenai RECORDS

"