はんぶんはれのジャケット写真

歌詞

はんぶんはれ

はんぶんはれ

百合の落ちる音がした

そんな日の朝

思ったより、

ミルクが混ざったような空の色

何でもない

私の背中を

そっと押したんだ

そんな日もほら、

その輪郭は綺麗で

心が飛び跳ねそうになる

人間らしいその景色は

輝いていた

夢の中で毎晩会うよ

温もり思い出し

名前を呼んでよ

忘れてしまわないように、

抱きしめてよ

はんぶんでも届くように歌うから

私より君が

大丈夫だと

何故か胸張って言うもんだから

そんな日はほら、

その輪郭が綺麗で

すぐに走り出しそうになる

人間らしい私気付く

誰よりも

輝いていた

夢の中で毎晩会うよ

置いては行かないで

名前を呼んでよ

壊れてしまわないように、

抱きしめてよ

はんぶんだけ届くように歌うから

ただ、覚めたら

いつもこう言うんだ

また君に会えて

嬉しいですと

そして、今日も、

幸せだねと、

強く強く、

前を向きながら

目を閉じたら思い出す

君にありがとうと

伝えたかった

困ってしまったかのように、

微笑んでさ

『ちゃんと届いてるよ』

って聞こえて

夢の中で毎晩会うよ

温もり思い出し

名前を呼んでよ

忘れてしまわないように、

抱きしめてよ

はんぶんでも届くように歌うから

  • 作曲

  • 作詞

    夕波

はんぶんはれのジャケット写真

はんぶんはれ の“はんぶんはれ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

はんぶんはれ

はんぶんはれ

  • ⚫︎

    はんぶんはれ

    はんぶんはれ

東京発のPOPSユニット「はんぶんはれ」のデビューシングル!ここちよい歌声と華やかなピアノサウンド

アーティスト情報

  • はんぶんはれ

    2020年結成、東京出身のJ-POPユニット、はんぶんはれです。 ▼私たちについて ボーカルの夕波は16歳からバンドで歌い始め、aikoなどのJ-POPやTWICEなどのK-POPから影響を強く受け、歌詞やメロディーを作っています。 キーボーディストの春は幼少期にクラシックを始め、18歳のときにジャズピアニストとして演奏を始めました。現在はポップスが好きで、作曲や編曲を担当しています。 ▼はんぶんはれの曲 キーボーディストの春が得意とするアコースティックピアノの煌びやかな響きと、夕波の繊細でのびやかな声を合わせた、切なく美しいJ-POPを制作しています。 ▼ディスコグラフィー 2020.5 1st Single「はんぶんはれ」/ 2ndシングル「彗星と君色」 2020.8 1st EP「夏の匂いと記憶」

    アーティストページへ

"