HIGH CONTEXTのジャケット写真

歌詞

SONG FOR MY CINDERELLA

CocoTsuki

「こんなものが欲しいわけじゃない」と僕は

ガラス靴を叩き壊して

笑った

何者でもない君と出会い

僕は魔法にかけられたの

君の魔法じゃ拙いから

未だ裸足のシンデレラさ

絶対なんて無いんだけど

約束も出来ない

鏡さえ見えない

着飾って輝く

「私」が居た

「愛がないよ」

僕はこの声で歌った

「愛がないよ」

皆がこの声を

強く強く愛した

「愛がないよ」

君の愛した「私」は

僕じゃないの

「僕」が歌う度に

消えてしまいそうだよ

偽って 続けたくて

共にした顔と身体を 顔と身体を

剥がせず「助けて」と

手を伸ばした

底の厚いブーツを抱えて

「これがいいの」と首を絞めた

一度きりの夜じゃダメなの

魔法解かして朝を歌うの

絶対なんて無いんだけど

約束も出来ない

守れないことも理解ってる…

でも!僕は!手を伸ばした!

「愛じゃないと」

君はその手を掴んだ!

「愛じゃないと」

僕はその手を強く握り返した!

「愛じゃないと」

誰でもいいなんて

言葉じゃ愛がないよ

君が歌うだけで

強くなれる気がした

いつだって 向かい合って

解かせない君の魔法が 君の魔法が

何度でも奏でて

朝になった

Break down split from the noise

Let's get ready to rumble!

役者不足の舞台で笑う

言わされた台詞 演目の意図

嘘で固められた世界が

思い通り叶えてく

言えない 言わないことも

汲み取って全部理解してよ

私が私で在るために出来ること

「繋ぐものは声が全てだ」って

「こういうこと」

「愛がないよ」

僕はこの声で歌った

「愛がないよ」

皆がこの声を

強く強く愛した

「愛がないよ」

君の愛した「私」は

僕じゃないの

「僕」が歌う度に

消えてしまいそうだよ

偽って 続けたくて

共にした顔と身体を 顔と身体を

剥がせず「助けて」と

手を伸ばした

「私」が歌う世界は

愛じゃないと

この物語の

ガラスの靴を叩き壊したんだ

「私」の魔法が解けても

愛してよ!誓ってよ!

僕らが主役の物語を!

偽って 傷つけあって

目の前にある愛にすがりついた

「私」はいつまでもここにいるよ

「私」の声だけは

奪わないで…

  • 作曲

    NePRO

  • 作詞

    NePRO

HIGH CONTEXTのジャケット写真

CocoTsuki の“SONG FOR MY CINDERELLA”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    Anarchy in the C.K.

    CocoTsuki

  • 2

    モストデンジャラスガールズ

    CocoTsuki

  • ⚫︎

    SONG FOR MY CINDERELLA

    CocoTsuki

  • 4

    コンテキスト (Interlude)

    CocoTsuki

  • 5

    いつかあなたが歌えなくなっても

    CocoTsuki

  • 6

    4COLORS CLOVER

    CocoTsuki

  • 7

    ラストフライトグライダー

    CocoTsuki

  • 8

    ピリオド

    CocoTsuki

  • 9

    Snow Clover

    CocoTsuki

ココツキの二枚目のオリジナルミニアルバムは、2020年10月から新しく二人が紡いできた軌跡と想いを、未発表の新曲5曲を含む全9曲のオリジナル曲に乗せて。

アーティスト情報

  • CocoTsuki

    「あなたの心に響き、突き刺さる歌を」 2019年2月から活動を開始した「鈴代ここね」と「響かさね」によるバーチャル・シンガーユニット。オリジナル曲とカバー曲の歌の動画を中心にYouTubeに動画を投稿し、2020年1月18日にDECO*27プロデュースの初のオリジナル曲「KEYS」などこれまでに10曲のオリジナル曲をリリース。2021年2月に活動2周年を迎え、初のオンラインライブ「FLIGHT」を開催。2021年11月には、2ndオリジナルミニアルバム「HIGH CONTEXT」のリリースし、活動当初からの目標だった1stリアルライブ「CLOVERS」を池袋harevutaiで実現。 『誰が欠けても行けなかった未来へ』

    アーティストページへ


    CocoTsukiの他のリリース

CocoTsuki Records

"