のジャケット写真

BadraBBit

  1. BadraBBit
  2. TO3S
  3. TO3S (shnkuti Remix)
  4. Иyce dream (2017.03.03 live)

時代が追いついた!
Classicな作品がここに誕生!
新たな幕が上がる no gimmick world!

SiM主催の野外フェス『DEAD POP FESTiVAL 2016』に出演や、二年ぶりの音源リリース、ワンマンライブなどで話題をかっさらった 2016年。

そして、その勢いそのままにノーギミ節全開のサードシングルが完成!

リード曲 M1『BadraBBit』ではサウンドの生感、グルーヴを重視し、一発録りでのレコーディングを敢行。
個々の技術の高さ、個性の強さは洋楽のそれを感じさせる。
さらに、綿密なリリック、良質なHIPHOPを通過したラップスキルの高さ、Popsを安くさせない歌とのバランス、90's~00'sの音楽を現代にbrush up (進化)

trendには流されず、音楽への飽くなきアティチュードが詰まった作品に仕上がっている。

あえてここでは“ROCK×HIPHOP”と書く。
だが、No Gimmick Classicsの可能性は未知数。
これぞまさに、アンダーもオーバーも掻きまわす tokyo original。

No Gimmick Classics

2008年結成のスリーピース・ロックバンド。 2014年、ヒップホップレーベル“LOW HIGH WHO? PRODUCTION”初のバンド音源として「PPH」を全国リリース! 2016年、現メンバーとなる。直後の夏にはオーディション優勝を経て、SiM主催の野外ロックフェス『DEAD POP FESTiVAL 2016』に出演!同年8月、自主レーベル〈TO3S RECORDS〉を立ち上げ、ラッパー“ACE”を客演に迎えた両A面シングル「prove myself feat.ACE / memory lane」をリリース! その後、初のワンマンライブをソールドアウト・複数のフェス・サーキットイベントへ出演など現場を中心に活動し、2017年、深夜帯の主催イベント〈Track〉をスタート。同年6月、サード・シングル「BadraBBit」をリリース! 2018年、デジタル・リリースを全6作品行い、12月には待望のファースト・フル・アルバム「vandaism」のリリースをアナウンス。 確実にフロアをロックする洗練された小粋なアレンジ、ストレートでエモーショナル、エッジーで爽快なサウンドはまさに、TOKYO ORIGINAL。

TO3S RECORDS