のジャケット写真

4AM

  1. 4AM

昨年Spotify バイラルトップ 50(日本)にて1位を獲得し、2019年、毎月リリースする楽曲が全てSpotify公式プレイリストで紹介されるKotaro Saito(齊藤 耕太郎)。リスナーの約7割を海外が占め、月を追うごとに着実に世界市場へと乗り出している。そんな彼が6月にリリースする作品「4AM」は、Kotaro Saitoが最も得意とする「ピアノ」「アナログシンセ」の2つを融合した1曲。梅雨の湿った空、夜風の匂い漂う心地の良いリズムが、不安定に響くピアノの旋律、包み込むほど豊かに低域を支えるシンセベース、街頭にきらめく雨粒のような高音のシンセリフと絶妙に溶け合う。イラストレーターNoLによる儚く退廃的な美しさを纏った女性をアートワークに冠し、オーガニックで都会的、スピード感あふれるダンストラックがここに完成した。彼が提唱する「Life Style Music」とは、聴くことを目的とするのだけではなく何気ない日常のシーンをブーストするもの。新曲「4AM」は深夜のチルアウトタイムや集中時のお供、そして曇り空のドライブ、RUNミュージックとして聴き手の気持ちに寄り添い、背中を押してくれるだろう。

Kotaro Saito

作曲家、音楽プロデューサー。 中学3年間をインドで過ごし、独学でピアノと作曲を習得。慶應義塾大学を経て 博報堂に新卒入社。5年で独立し国際連合・ワコールなどのCM・舞台・ショー音楽制作を開始。2018年リリースの「BRAINSTORM」より「秒の間」「Brainstorm」がSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位、2位となり話題になる。またアルバム曲「Love Song」は現在八景島シーパラダイスナイトショー「LIGHTIA」のメインテーマ、BSスカパーの番組「PARA SPORTS NEWS アスリートプライド」のエンディング曲に。2019年にリリースした楽曲全てがSpotifyの公式プレイリストでピックアップされ、台湾のバイラルチャート入りも果たし、活動領域をグローバルに展開中。 (オフィシャルウェブサイト www.kotarosaito.com)

アーティストページへ

MuLogica