ワールドブレイカーのジャケット写真

歌詞

ワールドブレイカー

神使轟く、激情の如く。

HAHA! This is 大パニック listen to the beat

We got party hot TOKYO World breaking

We got party hot Warning breaking

あんた達が正しい?

あーおかしい 端から従う気はねぇわ

I'm a young 天下 チャンバラじゃ無理

カッコいいってのは前提だから

特別来たme が Boom!神風今吹く!

手のひら返すのwho? 逆襲始まったばっか

正解 不正解 狭まった視界で 常識 非常識サイレンが響く

監獄と化したふざけたシステム 蹴っ飛ばしてGood Bye

自由への合図

Braking world

Taking top

軽々枠からはみ出し抵抗

さながら羽田さ飛び立つTake off

かごめかごめ

陰と陽もキーポイントヒント

行き来と生き死がミッション?

他人の声を過剰摂取気味

『君の世界を壊せ』

もう一歩だった過去に囚われ 目をそらさないで

錠も枷も案外脆い刹那

埃まみれのルール 錆びたレールに咲く

彼岸花は諦めか? 情熱か?

爆音で上げろ 体温と鼓動

人生で選択肢を迫られても よりキツい方を選んでくぜ

ファッションでじゃなくパッションで描く表現法

都合のいい退屈でも さらに進化する為にぶち壊して

Give me give me

Touch your heartbeat baby

Clash on stereotype oh! my god

Give me give me

Touch your heartbeat baby

Clash on stereotype

Open your eyes

Please tell me cause of obey

If 正論として 魂だけは売れない

この魂だけはブレない

予測が可能

ネタバレ展開

あくびが出るね

お気楽フェイク

トラブルメーカー

革命がパーティー

パラダイムシフト

刮目しとけ

つかデンジャラス

敵にすればデンジャラス

触れなくてもデンジャラス

うちらヤバい 敵なし More get high

とっくに死ぬほどやってるからこそ そっくりさんとは出来ちゃう この差

駅前梅雨に濡らされてる心模様から

何かを察して欲しかっただけでしょ?

不埒なモノローグ懐かしささえ 感じる所業のせい

長い後ろ髪 引っ張ることもできないでしょ

私のことは気にせずにおさらば

興味ないね 評論は

ほらお利口なんてもう嫌だ

生き様だけが流れて見える

エンドーロール目指して

I feel you (Like) oxygen

When I feel hartache in disappointment

Cause far way nothing without you and crew

この一歩が誰かに届いて 生きがいになって

恐怖に打ち勝つ力に変わるのなら

振り返らず行く 突き通して行く

そう これからも ずっと戦闘態勢

楽園で落ち合おう my men

それまで絶対 折れるな 何を言われても

目に余るくらい華やいで

100点でじゃなく 100%で生きる

安全圏 自ら飛び出して Ready go

さらに輝く為に ぶち壊して

  • 作曲

    MTR

  • 作詞

    生牡蠣 いもこ

ワールドブレイカーのジャケット写真

神使轟く、激情の如く。 の“ワールドブレイカー”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    ワールドブレイカー

    神使轟く、激情の如く。

過去ランキング

ワールドブレイカー

iTunes Store • ロック トップソング • 日本 • 37位 • 2022年8月9日

過去プレイリストイン

ワールドブレイカー

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年8月10日

アーティスト情報

  • 神使轟く、激情の如く。

    2017年9月30日結成。 Clean×3・Rap・Scream・Shoutの6人ボーカル+マニピュレーター7人編成で、アイドルにもバンドにもDJにも無い新しいアーティストスタイルでのパフォーマンスを展開するバンドユニット。 名実ともに、アーティストとしての存在感をまとい始め、来たる2022年3月30日に日本武道館ワンマンライブが決定している。 音楽性はメタルコアと転調やテンポチェンジを軸に、ラップ・ジャズ・EDMなど先の読めない構成とサウンドを展開しており、サビではどんな超展開の後でもキャッチーでエモいメロディを歌い上げる。更にライブはマニピュレーターが32パラアウトデータのサウンドシステムに、リズムマシーンやギター等の演奏をリアルタイムで演出する。 結成3年にして、Zepp DiverCityや豊洲Pitといった大箱でのワンマンライブを大成功させており、現在はワンマンツアーやバンド対バンが中心。対バン出演者は、a crowd of rebellion・ヒステリックパニック・Ailiph Doepa・AIR SWELL・バックドロップシンデレラなど錚々たるバンドが名を連ねている。 その音楽性やパフォーマンスは昨今のバンドシーンで非常に高い評価を得ており、SILENT SIREN・SHANK・ミオヤマザキ・魔法少女になり隊 など、日本のバンドシーンを牽引するアーティストと対談も行われている。 ライブ活動以外にも、ヤングジャンプ表紙や有吉反省会・ダウンタウンDXなどキー局番組に多数出演する他、「全力!脱力タイムス」や「お願い!ランキング」のテーマソングを担当、ニッポン放送にて特番も放送された。 芸能界からも指原莉乃に気になったグループとして名前を挙げられる他、お笑いコンビオードリーの春日は自身のラジオ番組オールナイトニッポンで神激のファンを公言、ライブにも足を運んでいただいている。

    アーティストページへ


    神使轟く、激情の如く。の他のリリース

KABUKIMONO'DOGs

"