NOROSHI NO SHI Front Cover

Lyric

Fly

NOROSHI

束ねた思いを抱えたまま

君はいけるところまで

行ってみたいといった

あの鳥のように空を飛べたなら

口癖だった叶うはずのない夢

朝日に向かって走った

夕焼けは僕らを照らし

街を一色に塗りつぶした

それはまるで僕らの今が

過去になる瞬間を見ていたみたいだ

時計の針が体を重たくして

信じられたなら楽だと嘆いた

何度も転んだけどここまできたんだ

見たいよこの先の僕たちを

冷めきった湯船に言葉を浮かべて

君に合いそうなものを選んでいた

いつもと違う空気の中泳いで

どこへいった僕の感情は

沈んだままか

時計の針が体を重たくして

信じられたなら楽だと嘆いた

何度も転んでここまできたんだ

見たいよこの先も僕たちを

辛いことがどうでもよくなるくらい

優しい空に包まれたいよ

何度も転んだけどここまできたんだ

見たいよこの先と僕たちを

何度も見たいよ未来を

  • Lyricist

    masatsugu takahasi

  • Composer

    NOROSHI

NOROSHI NO SHI Front Cover

Listen to Fly by NOROSHI

Streaming / Download

1st Mini Album

Artist Profile

  • NOROSHI

    千葉県松戸市を拠点とする3人組ロックバンド 狼煙とは合図や行動のきっかけとなるもの。NOROSHIの音楽聞いてくれた人々が一歩踏み出せるきっかけとなれるような音楽を体現していくことを目指し活動中。

    Artist page


    NOROSHIの他のリリース
"