IZAYOIのジャケット写真

歌詞

IZAYOI

猫の降る夜だから。

恋を知らぬ子供に帰って

あなたと巡り会いたい

木立を抜け水飲み場で会いましょう

白いシャツ眩しく光る午後

手を差し伸べてくれたら

躊躇わずに手を繋ぐわ無邪気な笑顔で

本当は時を戻せぬことなど知ってるから

せめて心の中で美しい夢を見たいの

十六夜の月明かりのように

心もとない想いは

密かに燃え静かに揺れ消えぬでしょう

空を知らぬまま海で眠る

真珠のような想いを

寄せる波にそっと浮かべ去りましょう

振り向けば水面を染める赤

私の心みたいね

夕焼け雲滲む記憶消せない言葉

本当の気持ちを隠す術など知りたくなかった

涙が枯れたとしても悲しい夢を見るから

十六夜の月明かりを隠す白い雲になれたなら

あなたのこと見守るように空ーに溶けるわ

あなたのこと見守るように空に溶けるわ

  • 作曲

    井上喜久子

  • 作詞

    井上喜久子

IZAYOIのジャケット写真

猫の降る夜だから。 の“IZAYOI”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

IZAYOI

猫の降る夜だから。

  • ⚫︎

    IZAYOI

    猫の降る夜だから。

声優の井上喜久子、声優のまるたまり、そして作曲家の小笠原純子のユニット『ワイルドストロベリー』がライブで披露していた、井上喜久子が作詞作曲を手がけるエモーショナルな歌謡ポップス『十六夜』をネコダカのカバー版でお届け。 雨夕希(Vo・編曲)、小笠原純子(編曲)タカスギケイ(Gt) , 足立浩, 雨夕希(Programming), 足立浩 (Recording, Mix/Mastering ), 唯生 (イラスト), 堀内美奈巳(デザイン)

アーティスト情報

  • 猫の降る夜だから。

    雨夕希(シンガーソングライター)、小笠原純子(ピアニスト・作曲家)と紀伊P(猫)の音楽ユニット。

    アーティストページへ

nekodaka records

"