よくばりのジャケット写真

歌詞

Living

moom

夕暮れの電車 溢れる人混み

黒いスーツ着た 向かいのおじさん

大きないびきで 隣の人は困り顔

汗の匂いがちょっとした

この人はどんな一日だったのかな

自分のためでも 誰かのためでも

一生懸命だったんだろうな

そんなこと考えていた 夏の終わり

Ah あたしは今日を どう過ごしたの

ちゃんと誰かのためになれたかな

Ah くたびれた枕に 顔をうずめて

夢の中にも答えがないなら

あたしなりの一日を過ごそう

駅前の花屋、男の人が

キョロキョロして、手に取った花束

にこっと照れてる、えくぼの笑顔に

ちょっとだけ嫉妬した

この人はどんな一日過ごすのかな

彼女のためでも、家族のためでも

ステキな時間が待っているのかな

そんなことをふと思った、落ち葉の中

Ah あたしは今日をどう過ごしたの

ちゃんと誰かの幸せを願える

Ah 仰ぎ見た空に 答えを探した

埋もれてしまいそうなときは

きっと誰でもあるはずだから

おおきく息を吸った

そのままで、あたしのまま、強く強く

Ah あたしは今をどう過ごせてる

次の自分に期待をしながら

Ah あたしは今足踏みをしてみる

そんな時があってもいいじゃないか

Ah くたびれた枕に 顔をうずめて

夢の中にも答えはないから

あたしなりの明日を過ごそう

  • 作曲

    はらかなこ

  • 作詞

    moom

よくばりのジャケット写真

moom の“Living”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Instagramで人気のシンガー'moom'の初めてのオリジナル曲。
彼女が歌う等身大の世界は、同世代に絶大な共感を得ている。
両A面シングル「よくばり/Living」待望のリリース!

アーティスト情報

  • moom

    instagramのみで活動し、8月にゲストハウスでの初ライブをきっかけに、 58works & recordsと出逢い、 レコーディングや作曲を行う。 2018年10月にtakafumiとのツーマンライブを成功させる。 2020年7月に自身初となるオリジナル楽曲の配信がスタートする。

    アーティストページへ

58works & records

"